×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水曜どうでしょう応援ファンサイト「水曜どうでしょうな夜」
「水曜どうでしょうな夜」トップゲーム攻略>PSP「うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-」

PSP「うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-」

PSP「うたの☆プリンスさまっ♪ -Sweet Serenade-」のプレイ感想・攻略です。

【ストーリー】
早乙女学園に入学してから1年。苦難を乗り越え、
アイドル候補生のパートナーと共に卒業オーディション優勝を果たした七海春歌。
大好きなパートナーと2人、幸せ一杯の春歌に、
「新曲作成」という新たな課題が立ちはだかる。
すれ違ったり、ケンカしたり、ときには肩を寄せ合い、はげましあい……。
2人の恋の行方はいかに!?

【キャスト】
七海春歌:主人公(声なし)
一ノ瀬トキヤ:宮野真守
神宮寺レン:諏訪部順一
来栖翔:下野紘
月宮林檎:中村悠一
日向龍也:遊佐浩二
一十木音也:寺島拓篤
聖川真斗:鈴村健一
四ノ宮那月:谷山紀章
シャイニング早乙女:若本規夫
ジョージ:尾崎淳
プロデューサー:伊東大介
ファンA:深森らえる
ファンB:みやきかのん
ファンC:岩本梨雨子

●音楽
・オープニング曲「熱情 SERENADE」(宮野真守・諏訪部順一・下野紘)
・トキヤのエンディング曲「星屑☆Shall we dance?」(宮野真守)
・レンのエンディング曲「RED HOT×LOVE MINDS」(諏訪部順一)
・翔のエンディング曲「コズミックRUNNER」(下野紘)
・林檎のエンディング曲「Welcome to UTA☆PRI world!!」(寺島拓篤・鈴村健一・谷山紀章)
・龍也のエンディング曲「熱情 SERENADE」(Sクラス:宮野真守・諏訪部順一・下野紘)


PSP「うたの☆プリンスさまっ♪ Repeat」のファンディスクです。
今回はSクラスのメンバーのみですが、林檎と龍也が攻略対象に! 嬉しすぎる〜〜〜♪

ストーリーはその後の難題をまたクリアしていくというもので、1ルートは割と短めです。
(ショートストーリーの内容も少なく、以前ほどの情報量はありませんでした)
恋愛要素は全体的に本編より甘くなっています。(エンディングはキスの嵐的な。笑)
主人公も前回ほどは気にならなかったです。
オープニングの「熱情 SERENADE」は、オープニングらしいまっすぐ系のカッコいい曲です。
ただ、サビで歌詞が被るところがあるので、一人で歌い切れないのが残念。

立ち絵は無印(「Repeat」の元の方)なので、少し雰囲気が違い、
最初はちょっと違和感のあるキャラもいましたが、慣れるしかないです。(笑)
(発売順が、無印→ファンディスク2枚→Repeatで、Repeatで修正されたとのこと)

システムでは、相変わらず、スチルが保存できないのが残念ですが、
スチルがかなり少なめなので、まあいいか、と。


キャラの年齢
音也・翔・春歌16歳、真斗・トキヤ17歳、那月・レン18歳、
林檎24歳、龍也27歳、早乙女?歳

攻略の感想 ※ネタバレ。

※エンディングは、大恋愛END、恋愛END、友情ENDの3種あり。
 エピソード4のミニゲーム前までに、恋愛値・音楽値が80%以上の場合は大恋愛END、
 どちらかが達していなければ恋愛END、60%以下の場合は友情ENDになる。
 (TOTAL評価Sで大恋愛、Aで恋愛、B以下で友情)
 龍也の場合のみ、60%前後でも恋愛ENDになるようですし、
 恋愛値83%・音楽値20%(TOTAL評価D)でも大恋愛ENDになったので、
 恋愛値を下げる必要がありそうです。

※「メモリアル」(ショートストーリー)で、ミニゲームの評価によって、
 選択肢が増え、入手できるものがある模様。(次のEPに入ってから選択肢が増える場合もあり)
 トキヤ:EP1は評価Dで、EP2の終盤で入手。EP2は評価A、EP3は評価S・Dで各1つずつ
 レン:EP1は評価S・Aで各1つずつ
 翔:EP1は評価Sで「ごめんなさい」を選択、EP2の終盤で入手。EP2・3は評価S
 林檎:EP1は評価S・Aで各1つずつ、EP2は評価S
 龍也:EP1は評価SがEP1で1つと「いつも傍にいます」でEP2で1つ、評価Aが「大好きです」を選択で1つ。

※総合的な感想は一番下に記載。
 
・一ノ瀬トキヤ ルート

オーディション優勝後、トキヤの部屋で思い出と一緒に甘い語らいと熱いキス。
早々で、キス以上に進みそうでしたね。トキヤ、情熱的だなぁ。

翌日、HAYATOが「おはやっほ〜ニュース」を卒業するので、見送って欲しいということで、
春歌はスタジオに行くことに。プロデューサーに声をかけられ、トキヤのことを
応援してくれていることや、放送後にディレクターやADとの会話で、
みんなで番組を作り上げていたということが分かりましたね。
スタッフが10分だけ時間をくれたので、HAYATOの姿でスタジオにお別れもできましたね。
やめて初めて気付くこともあるという感じで、トキヤもちょっと感慨深そうです。
春歌も第1回からのHAYATOファンということで、違う意味で感動。
春歌のためだけの幻の最終回、HAYATOの口調で語られるのって新鮮ですね♪

帰り道、レンが登場。からかいが入りましたが楽しそうです。
会話の流れで、レンが2歳赤ん坊の時に1度だけCMタレントをやったことが分かりました。
母親は元アイドル歌手ということで、それ繋がりで出たらしい。
ということで、レンの方が年齢でも芸能界でも先輩だ、と主張。(笑)

翌日、シャイニーからトキヤにCMの出演依頼が伝えられました。
無名時代から目をかけてくれていた会社の社長からの依頼で、
ツインハートのネックレス「ハートリング」のCMです。
曲の依頼もされ、2人で作ることになりました。

翌日、トキヤからアンテナショップの下見に誘われ、ショッピングモールへ。
ラブラブなカップルをちょっと羨ましそうに春歌が見ていたら、
トキヤがネックレスを買ってくれようとしてくれましたが、完売で買えず。
でも、その気持ちが嬉しい、と喜ぶ春歌。

曲作りのために、いろいろな愛の形を取材してみようということになり、レンのところへ。
トキヤは、レンが本気の恋愛をしていないと見抜いていますね。
しかも、春歌にちょっかいをかけられるのが嫌らしい。(笑)
質問の答えに、音楽に答えなんかない、自分たちで考えることだろうと
真面目に答えてくれました。
その後、3人でデートをする流れに。トキヤと2人ではできませんが、
3人なら目くらましになるからということです。

早乙女キングダムで、ちょっと恋人っぽいことをやった後、
人の来ない場所へ行くと、レンが気を利かせて去っていきます。
しかし、その後、レンからの電話で、大物ミュージシャンのライジングボーイズの
前座をすることになります。短時間で3人は打ち合わせをし、ダンス・トーク・歌を披露。
15分でこれだけ披露って、相当なスキルがないと無理ですね。(笑)
この後、2人の出待ちがいるということで、レンが対応し、トキヤたちは窓から脱出。
時計台で甘い時間を過ごしました。

曲作り中に、トキヤは以前、音感が殆どなく、少しずつ直していったことが判明。
トキヤって、どこか天才的なイメージがありますが、本当は努力の人なんですね。
そんな時、龍也から仕事の話が。ライジングボーイズから、コーラスの依頼がきた、と。
前回の前座で、トキヤは声をかけてもらっていたのが功を奏したということです。

一人で曲作りをし、ちょっと寂しいと感じる春歌でしたが、
レンが遊園地でのツーショット写真を送ってくれて、元気が復活。
このまま、ダメ主人公になるかと思って、ちょっとヒヤッとしました。(笑)
携帯をマナーモードにして曲作りしていたら、帰り道で、
トキヤから電話とメールが入っていたことに気付き、時計台へダッシュ。
1時間も待ってくれていました〜。

できた曲を部屋ですぐに聴いてもらうと、いい曲だと褒めてくれるのに、どこか表情が暗いトキヤ。
最初は、曲がダメなのかと思って、いろいろ作ってみるのですが、理由は別にありました。
その前に、パソコンがクラッシュしてトキヤに直してもらい、
パジャマで過ごすというエピソードもあり。

トキヤのことが気になっている時、シャイニーが助言をくれました。
通じ合えた心があるからこその幸せを歌う曲だから、トキヤとちゃんと話さないと、
この歌は歌えないだろうというようなことです。
その後は、レンにも相談し、裏庭で一人ぼ〜っとしているトキヤに聞くことにしました。

ここで、トキヤの口からいろいろ明かされていますね。
デビューは、地元で募集された映画の端役だったこと、それ以降、母親が乗り気だったこと、
シャイニーの映画で親子の役で出演し、気弱だった自分に親身に指導してくれたこと、
今の自信は憧れているシャイニーの影響なのかもしれないこと、
業界のことをいろいろ教えてくれたのはシャイニーだったこと、
母親に楽器・歌・ダンスなどをできるまでやるようにやらされたこと、
その時は楽しくやっていたけれど、多分、その仕事で両親が離婚したこと、
母親は有名にさせたく、物静かな父親は無理なく夢を目指せばいいと言っていたこと、
2人の愛を感じているから、業界で成功をしてから報告しに行きたいから、
何年も会っていないこと、など。
シャイニーとトキヤの関係って親子みたいなものだったんですね。

シャイニーがトキヤに話したことの中で、もし自分に息子がいたら、
トキヤと同じくらいの年頃だっただろう、というのは耳がピンと立ちましたね。
もしかしたら、恋人のお腹に子供がいたことを知っていたのかな。
でも、流産したとか言われて、姿を消されて、諦めたのか?
シャイニーの過去には、まだまだいろいろな妄想ができちゃいますね。(笑)

そして、ついにトキヤが悩んでいたことが分かります。
ライジングボーイズが親切でCMに楽曲提供をすると言い出したことで、
曲がクライアントに提出する前に不採用になってしまったのでした。
トキヤとしては、2人の曲を歌いたいと心から思っているのですが、
新人に選択肢などないことをよく知っているので、苦しんでいたわけです。

結局、使われないと分かっていても曲は完成させたいということになり、完成。

大恋愛ENDは、数日後、春歌だけがシャイニーに呼び出されます。
トキヤはクライアントに一度だけでもいいから聴いて欲しいと歌を持って行ったため、
意見が割れているのだとか。CMのイメージは2人の曲がピッタリなのですが、
春歌に将来性があるかどうかが疑問だということらしいです。
現在、有名なライジングボーイズの曲の方が間違いなく売り上げには貢献しそうですしね。
そこで、オムニバスのショートドラマ番組の一つがCMを基にしたストーリーで、
主演はトキヤなので、コンペで募集されるBGMを一人で作れ、と。
スタッフや出演者が決めるので、トキヤが知ってしまっては、不公平となるためだそうな。
トキヤに内緒で作り、名前を伏せて応募し、その曲が採用されれば、
CMに使う価値があるということです。

3日間、缶詰になって曲を作り、願いを込めてシャイニーに提出。
トキヤからのメールで、すぐに春歌の曲だと分かった、
そして、満場一致でBGM採用となり、CMの方も2人の曲に決まりそうだ、と。
直後に、シャイニーからの電話で、CMの方も採用されたことが伝えられました。
ライジングボーイズの曲は、別ヴァージョンのCMに使用するとのこと。上手く収まりましたね。

そして、トキヤからの誘いで、恋人岬で再会。そして、トキヤが歌い、
指で作ったハートをハートリングに見立てたり、撮影で使うであろうベールを春歌に被せて、
未来のリハーサルといいつつ、熱いキスの嵐、で終了。
宮野さんのキス音に、ちょっとドキドキさせられました。(笑)

恋愛ENDは、2人の曲を交渉しているトキヤですが、上手くいっていないようで、
疲れている様子。数日後、トキヤが出演するシャイニング事務所のアイドル枠の
生放送のバラエティ番組で、新人アイドルたちの合同ライブのお知らせが。
そこで、トキヤが1曲歌うことに。直後に、シャイニーからの電話で、
トキヤがCM曲のことで悩んでいる時、ライジングボーイズの2人が
2人のCM曲のことを知って聴き、身を引いてくれようとした(?)ようですが、
クライアントの中で揉めているようで、実績のあるライジングボーイズの方が
売り上げに影響するからという意見が出ている模様。
話し合いの結果、イベントでトキヤが歌い、観客の反応を見てから決める、と。
春歌はCM曲をシャイニーに送り、それをトキヤにメール連絡をすると、
ライブチケットを送ったから応援しに来てくれ、と。

ライブ当日。司会はシャイニー。って、社長自らが司会なのね。(笑)
お客の中には、トキヤファンもいましたよ。
トキヤが歌い、みんなが感動。春歌はその場にいたら「大好き」と言ってしまいそう、
他に自分が役に立てることはない、ということで、一人で部屋に戻ってきました。
そこに、トキヤからメールがあり、時計台へ。トキヤに抱き締められ、首に例のネックレスが。
CMは2パターン撮ることで話がまとまった、と。(当然、最初の企画の方に2人の曲が使われます)
そして、鐘の音を聞きながら、踊り出す2人。
後は、甘い言葉とキスの嵐、で終了。

友情ENDは、2人の曲を交渉しているトキヤが疲れている様子。
ある日、春歌の部屋にレンがケーキを持ってきてくれました。
どうやら、2人を気にしてくれていたようで、シャイニーに相談する流れに。
歌を聴かせると、トキヤの成長を褒めましたね。
クライアントもこの出来に迷っているというので、クライアント社員の前で
トキヤが歌うということになり、2パターンのCMを作ることで採用になりました。
CMで自分たちの歌が流れているのを聴いていたら、トキヤがネックレスを。
翌日、レンにお礼を言う前にデートの約束をしていた2人ですが、予定外のレンが登場。
ペアリングを見つけられ、ちょっと弄られましたが、仲良さげな2人なのでした。
ショートストーリーで、レンの心境が分かりますね。
さすがは、自称「愛の伝道師」。恋愛下手な2人の後押しをしてあげたいようです。
でも、結局のところ、トキヤをからかっているのが半分かも。(笑)
運転初心者のレンの運転で、3人でドライブに行ったようです。

トキヤのエンディング曲は「星屑☆Shall we dance?」で、歌は宮野真守さんです。
前回の「BELIEVE☆MY VOICE」はしっとり+力強い曲調でしたが、
今回のは優しくポップ系の曲調ですね。ガラッと雰囲気が変わっていますが、
どちらもいい曲で好きです。

・神宮寺レン ルート

卒業オーディションまで、レンが春歌への愛を封印していたところからなので、
優勝決定後、春歌が「好き」と言ってしまわないように舞台袖から離れましたね。
レンが追いかけて、春歌の夢のために前回の春歌の告白を「聞かなかったこと」にしたと説明し、
キスして告白してくれました。その現場をシャイニーに目撃され、翌日呼び出し。

学園長室に誰もいないので、レンたちがいちゃつき始めました。
キスしまくっているところに、シャイニー登場。
レンは動揺することなく、春歌を抱き締めたままです。さすが、大物ですな。
「学園長室でこんなことをしてくれちゃってる輩は初めてデース!」
とシャイニーがぶち切れしたのは言うまでもなし。(笑)
レンがそこまで入れ込んでいることに興味を持ちつつ、1ヶ月以内に曲を作り、
素晴らしい曲ができれば、極秘交際を認める、と。
この流れは、レンの作戦通りで、これで晴れて恋人になれると嬉しそうです。

事務所の寮の鍵を一時的使用ということで渡されたので、向かうことにすると、
春歌宛にレンの執事・ジョージからメール。レンに内緒で屋上へ来い、と。
ジョージは裏の仕事でしばらく姿を消すから、レンのことをよろしくということでした。
裏の仕事と言えば、暗殺業ですね。(以前、ポロッと口にしていました)
春歌はもちろんですが、レンもはっきりとは聞かされていないと思われます。
今回は命の危険があるため、自分にもしものことがあったら、後は春歌に任せたいということです。
レンに言わないのは、やっと心から笑える幸せを見つけたのに水を差したくないからだそうな。
もしもの言伝は、「お前はもう自由だ。好きに生きろ」です。
ここで、レンの母親のことが聞けましたね。名前は、円城寺蓮華。
「レンカ」から「レン」と名付けられたんですね。

レンに内緒というのが春歌には心苦しいところですが、待ち合わせ場所に行くと、
女子に囲まれたレンの姿が。近付けないので、携帯で裏庭で待っているように言われ、
合流後は、人気がなくなると手を繋いでくれます。
春歌としては、ワガママを言い過ぎたり独り占めしようとして、嫌われたくないと思っています。
ここで、レンが「ハニー」「ダーリン」と呼ぼうと提案。レンの「ハニー」はありですが、
(普段が「レディ」だし)春歌の「ダーリン」はないわっ!(笑)
一応、ピンポイントでそう呼ぶシーンが出てきますが、最後まで慣れませんでした。
友千香みたいなキャラなら、まだありそうなんですけどね。
名前を呼ぶのを飛び越して、ダーリンって…。
その後は、ドレスをプレゼントされ、レンの部屋で夕食後、DVD鑑賞をしていたら、
春歌が眠ってしまいました。
アルバムを見るシーンで追加されたショートストーリーで、
ジョージがレンの面倒を見ている時、兄の誠一郎が父親がいない時を狙って、
レンに会いに来てくれていたことが描かれています。
自分がレンをかわいがると、父親の怒りの矛先がレンに向いてしまう、
ということを考えて、何もできないということのようでした。
お兄ちゃんなりに、いろいろ考えてくれていたんですね。
後にレンに誤解されてしまいますが、ジョージはそれを知った上で、
誠一郎の気持ちを汲んで、レンに何も言わなかったということでした。

翌日、目が覚めるとベッドの中で、上半身裸のレンが隣に。
寝ている間に手を出されてはいないようですが、起きたところでキス。
朝食後、蓮華のDVDを見つけ、2人で見ることに。蓮の目が真剣です。
これで、春歌はレンをトップアイドルにしたいと宣言。
そして、お互いに本当の自分を見てくれた相手だったと再確認。
レンがライブに出てみようかな、と言い出し、振り付けを考え始めたところで、
ライブ中に出せる、2人だけの「愛してる」のサインまで決めます。ドリカムか〜!(笑)
この場合は、人差指を中指にクロスさせて、ほっぺたにつける、ですが。

その後は、ジョージが隠し撮りしてくれたアルバムを見て、いい雰囲気になったところで、
キスがくるのかと春歌が目を閉じると、レンガキスをしてきません。
去り際の、本気で甘えたらキミはそれでもオレを好きでいてくれるのかな、というのが
ちょっと気になりますね。ちょっと前に、春歌の独占欲で嫌われたら、と被ってると思ったら、
その後に、同じことを春歌も考えていました。相手の重荷になって嫌われたくないから、
どれくらいの「好き」に抑えたらいいのか、という悩みですね。

ここで、翔が登場。ライブのチケットが3枚あるから行かないか、というお誘いです。
ライブ会場で、ボーカルがファンの女子たちに触れ始めたのを見て、
春歌だったら、ステージの上からみんなに愛を注いで欲しいかな、と。
その後、レンが飲み物を買いに行くとファンに捕まってしまったため、
会場に迷惑にならないように、レンは先に帰ることに。
囲まれているところで、「愛してる」のサイン、出ました〜。(笑)
翔と春歌はレンのためにバンドのDVDを買って帰ることにしますが、
人気があってどこも完売状態で、探し回って遅くなってしまいます。

DVDを渡しにレンの部屋へ行くと、遅かったことを心配していました。
しかし、翔と一緒だったと聞くと、複雑そうな顔に。
そして、まだ9時なのに部屋に返されてしまいました。

翌日、朝ごはんだけ一緒に食べて、レンは仕事に。春歌はレコーディングルームで
曲作りをしていると、林檎に追いかけられた翔が飛び込んできました。
ソングステーションの「男の娘特集」で歌う林檎のバックダンサーの仕事で、
女装することになったのですが、林檎の女装へのこだわりがすごくて逃げてきた、と。(笑)
成り行きで、翔の女装を手伝うことになり、翌日も約束します。

夜はレンとの曲作り。春歌は、レンがまだ見せていない魅力を引き出したいから、
これまでのルーズさ減らしたりしたいと言い出しますが、レンとしては、
今カッコいいものをさらに生かしたものにすれば十分ではないか、と。
要するに、新境地へ飛び込むか、現状維持でいいか、ということですね。
今のレンの歌が悪いわけではないので、歌を聴いてしまうと、春歌の意志が
少し弱くなってしまっています。

翌日、翔の女装作りの手伝いの流れで、街に小物を買いに行くことに。
帰りに、レンとの近況を翔に話すと、もっといちゃいちゃしているのかと思ったと
驚かれてしまいました。確かに、これまでのレディたちのことを見ていると、
今の春歌に対する対応はかわいいかもしれませんね。(笑)
そこに、レンが声をかけてきました…。バッドタイミング。
翔から、女装のことは誰にも言わないで欲しいと言われていたので、
詳しいことが言えず、レンは2人を信じていると笑っていますが、明らかに不審そう。
部屋に戻ってからも言葉数が少なく、あまり目も合わせてくれませんでした。
何となく分かってきちゃいましたが、初めての嫉妬ってやつですかね。
でも、カッコ悪いことをしたくないから、気持ちを抑えている、という感じかなぁ。
もっと感情的なレンを見たいですね。(笑)

レンが帰った後、ジョージからのメールで、ヤバイことになった、と。
返信をしますが、その後の連絡はなし。ジョージ、中途半端すぎるぞ。(笑)
隠し事が多すぎて、春歌の心がちょっと重くなってしまいました。

翌朝、レンがバラの花束を持ってきました。しばらく忙しいから、
一人で曲作りを頑張って欲しいそうな。その後、毎日、宅配から花が届くようになります。
う〜ん、花よりレンが顔を見せてくれた方がいいのに。
ある日、事務所から連絡があり、その日のレンの仕事というのが嘘だと判明。
携帯に連絡しても圏外。

しかし、その夜、ロールケーキを持ってレンが来ました。明日も仕事だと嘘つきましたね。
春歌は、嫌われたくないから聞けない、一緒にいられればいい、という感じです。
その後、曲を歌ってもらうのですが、レンが上達している模様。
会えない間に練習をしているんだろうということが伺えます。
嬉しそうな春歌を見て、今度はレンの表情が辛そうに。
ここでライブハウスのスタッフの女子からの電話が入り、少し春歌が気にしますが、
レンははっきりと何でもないと言ってくれ、春歌も信じる、と。
この展開、翔の時と少し似てますね。今回はちゃんと事情を話してくれてますが。

振り付けを考えた後の別れ際、春歌は雰囲気で目をつぶりますが、レンはほっぺたにキス。
ここでキスをしない意味って何? 大好きだと言ってくれているので、
嫌いではないようですし、キスしたら止まらないっていうことかな。
(最初の頃に大分キスしまくってましたけどね。
これはショートストーリーで分かりますが、感情のままに愛を求めて、
春歌を傷つけたくないからのようです)
そこで春歌が、自分といると辛そうな顔をしているので、一緒にいると苦しいのか、と聞くと、
レンは、それはキミの方だろう、と。お互いに、一緒にいると悲しい顔になっていたということです。
翔といる時は笑顔なのに、とレンの本音が少し出ましたね。
傍にない方がいいのか、という春歌の問いには、そうだね、と。

ベランダに出た時、小さくレンの歌声が聞こえてきて、自分の曲は傍に置いていてくれている、
と知った春歌は、レンへの想いを曲に込め、レンへ送ります。
その後、レンが部屋にやってきて、練習をすることに。
余計な感情を捨てて練習をしようと言われたので、レンの歌を上の空で聴いてしまい、
プロなんだからと怒られました。春歌が感情がどうのこうの言うと、
感情をむき出しにして、荒々しく歌い始めました。
最初の歌より明らかに引き込まれる歌い方で、愛を感じたようです。
帰るというレンに、春歌は恋心を封じてもお互いにレベルアップしたいという気持ちが。
その後は、本気でぶつかり合いながら曲作りを再開。

相変わらず、レンとは昼過ぎから夕方には会えませんが、練習は続いています。
ある日、学園の前で翔と会い、全てを打ち明けると、女装のことは言ってもいい、と。
そしてその後、ニヤニヤしながら屋上へ連れて行ってくれました。
そこには、基礎的な腹筋運動や発声練習をするレンの姿が。
これまでは、練習を嫌がっていたレンが、真面目に練習をしていたわけですね。
カッコつけしーなレンらしいというか。(笑)
翔はレンのことをちゃんと理解していますね。
ショートストーリーでは、レン側の様子が描かれています。
春歌の曲の幅を広げるために、こっそり学園の屋上で基礎練習を始めると、
先にいたトキヤに声をかけられました。基礎練習は必要ないと豪語していただけに、
そのギャップをトキヤがちょっと楽しんでいます。
素直に春歌の曲のためだと認め、トキヤにアドバイスをもらっています。
最後に、つまらない意地を捨てて、春歌と2人で練習した方がいいと助言されました。
イッチー、優しいなぁ。(笑)

春歌は、レンには会わずに部屋に戻り、曲作りを始め、曲を完成させました。
その後、レンがやってきて、翔の女装のことを打ち明けると、秘密がそれだけ?と
唖然としています。そうそう、それだけ、なんですよね。
翔に嫉妬するなんて、と照れてます。
そして、この曲の答えはライブステージで聴いて欲しい、と。
ようやく、お互いの気持ちが通じてきましたね〜。歯がゆかった。(笑)

そこで、病院からの電話で、ジョージが意識不明の重体だと知らされます。
春歌は全てを打ち明け、病院に行こうと言いますが、レンは行かない、と。
ジョージの教育方針は、どんな状況でもやるべきことをやる男になれ、だからだそうな。
ショートストーリーで、ジョージの行動が分かりますね。
恩人を助け、日本に戻ってきたのですが、そこで敵に刺されたらしいです。

大恋愛ENDは、ライブの前日の夜、レンにライブハウスに呼び出され、
春歌だけのステージを見せてくれました。
本当の自分はスマートじゃなく、今すぐにでもキミが欲しいんだ、と熱いキス。
ここで、「傍にいない方がいい」の誤解が解けます。レンは自分が傍にいたら、
春歌を傷付けて、嫌われてしまいそうだから、という意味で言ったんだとか。
そのセリフ、明らかに分かりにくい…。(笑)

翌日のライブ、シャイニーとジョージには連絡をしてある、と。
ん? ジョージは重体なのでは? ここ、完全に文章が抜けてますね。
後で分かりましたが、恋愛ENDの方には、ジョージの意識が戻ったというシーンが
ちゃんと入っていますから。
歌を聴いたシャイニーからは極秘交際の許可が下りました。
そして、帰り道、ジョージが登場。プロの仕事をしたな、とだけ言って、
カッコよく立ち去っていきましたよ。でも、レンが言うには、
額にうっすら脂汗が浮いていたとか。無理してきてくれたんですね。

春歌の部屋に戻り、お祝いの食事を。ところどころで、レンが愛情表現してきます。
最後は、ベッドに運び、甘い言葉とキスの嵐、で終了。
この流れだと最後までいきそうな勢いですが、そうではないようです。
ラストのスチルはないですね〜。レンは上半身裸、右手は上に乗った春歌のお尻に…。
ちょっといやらしすぎませんかね。そういうところは想像でいいかと。(笑)

恋愛ENDは、ライブに向けて練習し、レンは踊りすぎて筋肉痛だとぼやいています。
かっこ悪くてもいいと言う春歌にふいうちのキス。
レンが傍にてもいいのか迷うなんて言っていますが、春歌こそ、という流れになり、
「傍にいない方がいい」の誤解が解けます。
ここで、ジョージの意識が戻ったとレンの携帯に連絡が入り、一安心。

ライブ当日、2時間前に楽屋入り。ジョージには連絡していませんが、
どこかで情報を入れて、来たけりゃ勝手にくるだろう、と。
レンは、プロの仕事が大変だと知っていたから、面倒でプロになりたくなったそうです。
本番では、春歌は1番前を陣取り、レンの歌を聴いています。
楽屋でレンを待っていると、レンが戻ってきて部屋に鍵を。
春歌が「キスして欲しくなりました」と大胆な感想をいうと、レンが驚いていますね。
ダーリン、ハニーなんていいながらキスしていたら、シャイニーが登場。
今回は、扉をぶち破ってきませんでしたね。(笑)
もちろん、極秘交際を認めてくれました。

その後はジョージのお見舞い。2人が来るのが見えて、服を着替えて、
お茶の用意をしてくれていました。見栄っ張りなのはジョージ譲りですな。(笑)
これで子守卒業かと思いきや、家業は一時休業でまだボディガードを続けるとのこと。
すかさず、自分の息子の教育係になってもらおうかな、とレン。
口では否定していますが、心の中はまんざらでもなさそうですね。

レンの部屋に戻ると、抱きかかえられながら、甘い言葉と激しいキスの後、
ベッドルームへ行こうとしますが、レンが待ちきれず、ソファーへキスの嵐。
翌日からラブラブムードの中、新たな曲作りが始まったのでした、で終了。

友情ENDは、ライブの準備の中、「傍にいない方がいい」の誤解が解けます。
ライブ当日、曲の問いに歌の答えが返ってきます。「愛してる」のサインも出ました。
楽屋で愛を確認し合ってキスをしようとしたところで、翔が登場。
迷惑をかけたお詫びに、海でバーベキューをしようとのお誘いが。
学園ではシャイニーから極秘交際の許可が下りました。
「母を越えたな」と褒めてくれました。これまで気がつきませんでしたが、
レンの母親はシャイニング事務所のアイドルだったっぽいですね。
蓮華は恋と仕事の両立はできないとアイドルを辞めたけれど、
レンは愛を強さに変えてこの業界で生きていける、と。
ジョージにもいろいろと報告。

数日後、翔と3人で海へ。波打ち際で翔と春歌が水を掛け合っているのを見るレンに
お前も混ざれよ、と無理矢理引っ張り込む翔。ここで、屋上で頑張っていたのを
知っていたことを翔や春歌がバラし、レンがビックリ。
そして、仲良く水かけっこをするのでした、で終了。
もっとレンの少年っぽいところが見られたら良かったですね。
そして、友情ENDにしては、翔とレンの掛け合いが少なすぎました。残念。

そういえば、レンって味オンチということでしたが、実は、普通の味に満足できず、
いろいろ刺激を求めてているという設定でしたね。だから、那月とは違い、
基本的な料理もちゃんとできます。

レンのエンディング曲は「RED HOT×LOVE MINDS」で、歌は諏訪部順一さんです。
前回の「悪魔のKissは炎より激しく」はおしゃれ系なジャズ風の曲でしたが、
今回のは少しロック調になっています。トキヤ同様、ガラッと雰囲気が変わっていますね。
第一印象としては、ちょっと歌詞が字足らずっぽく感じます。
もっと歌詞を詰めた方がよりカッコよくなったような気もしますが、いい曲です。

・来栖翔ルート

オーディション優勝後、自分たちのことを許して欲しいと春歌からシャイニーに懇願。
春歌からってのが珍しいですね。翔とは一番フレンドリーな仲だからかな。
答えは、翔が心臓の病気を治して元気になったら。

部屋への帰り道で、翔は龍也と楽しく会話。春歌はもうすぐ会えなくなるという
寂しい顔をしていたらしく、レンとトキヤが話しかけてくれています。
2人の関係が進むようにと、レンがキスよりすごいことをアドバイスをし始めると、
すぐにトキヤが制止。今回の春歌のキャラは純粋キャラなので、
レンのいう大人的な内容は全く分からずです。
さすがに、いくらなんでもちょっと分からなさすぎな感もありますが、
主人公の設定についてはある程度スルーということで。(笑)

翔の部屋で、明後日には渡米することを知り、春歌が一緒に行きたいと言いますが、
ここで待っていてくれ、と。まあ、自分が守ってあげられないし、
万が一のことを考えると、悲しくさせてしまうことも考慮したのかも。

翌日、シャイニーから翔に「シャイニング大運動会」の応援歌の依頼が入りました。
当然、翔は春歌に曲作りを依頼。1日しか時間がないということで、
電車の便もいい春歌の家で、という流れに。
翔としては、両親がいるし、泊まりでということもあって、かなり緊張気味ですが、
春歌の両親は旅行に行っていていないのでした。
いいのか、そんな時に男を引っ張り込んで、というツッコミはなしで。(笑)

翔にベッドで寝てもらいたいのと、自分がギリギリまで一緒にいたいという思いもあり、
2人でベッドに寝転がり、翔がギュッとしてくれました。
口へのキスはお預け(願掛け)ということで、まぶたや頬にキス。
翌日は、空港まで翔を送り、寂しそうな春歌に、自分の帽子を被せて、お守りだ、と。

その後は、メールで曲作り。ある程度はそれで進みますが、翔の歌声がないので、
細かいところで悩んでいると、レコーディングルームに来たトキヤが
代わりに歌ってくれたり、アドバイスをくれたりします。
ちなみに、トキヤは大運動会の主題歌を歌うことになりました。

そして、翔からメールが途絶え、2週間後に龍也に呼び出されました。
翔の手術は成功したが、意識が戻らない、と。
翔を信じてはいるけれど、万一、戻ってくるのが間に合わない時は、
応援歌をトキヤに歌ってもらうということでした。
それだけなら、春歌は翔のための曲だからと曲作り自体を諦めるだろうということで、
翔が先手を打って、龍也宛ての手紙に、自分が間に合わなかったら、
トキヤに歌ってもらうように頼んでいました。それもこれも、春歌の未来のため、です。
翔って、どこまでも仲間思いなんですよね。

春歌の懇願で、ギリギリまで待ってもらうことになり、期限が1週間となります。
その日から、毎日、翔のために曲を作っては転送します。
しかし、日付が変わり、1週間目に突入。というところで、翔から電話があり、
学園のグラウンドにいる、と。意外と復活が早かったですね。
翔が目覚めたのは、春歌のメールと曲を誰かが聴かせてくれていたからのようです。
目覚めた後は、シャイニーに連絡して、自家用ジェットで戻ってきた、と。
どうやら、運転はシャイニー自身らしい。(笑)

部屋のの鍵を薫に預けていて入れないということで、事務所の春歌の寮に泊まることに。
翔がお風呂に入っている間に、遺言のような手紙を見つけてしまう春歌。
入院生活をしていた翔は、友達をなくすことも多かったようで、
死ぬつもりがなくても万が一を考えて、自分がいなくなっても春歌にしてあげられることを
考えながら書いていたものだそうです。この後、キスを生きる幸せを実感。
その後は、何だかんだでまた2人で同じベッドで眠ります。

翌朝、目覚めると翔の姿がなく、ソファーで眠っていました。
あ〜、めっちゃ我慢したんですね。(笑)
曲作りの話になり、テーマは「幸せに生きる」に決まりました。
その後、トキヤからメールで学園に呼び出され、龍也・トキヤ・レンが
出られなかった翔のために卒業パーティを開いてくれました。
退院祝いには、龍也からは自分が主演の宇宙超人マジンダーの超限定フィギュア、
トキヤからはボイストレーニングの教本、レンからは「ラブレッスン」の本。
レンのは、自分で書いたたった1冊しかない恋愛指南書だそうで、
実践して効果があれば、出版社に持ち込むと言っています。
ショートストーリで、その内容が分かりますが、手のつなぎ方やらキスの仕方やらが
初級・中級・上級編に分けて書いてあるようです。翔が突っ込みつつも
食い入るように読んでいる姿を想像するのが楽しいですね。
ちなみに、半裸の男とその上の女の子って、レンのスチルまんまじゃないですか。(笑)

そして、早乙女学園名物、卒業パーティミニライブでカラオケ大会となりました。
2人になった後は、学園内を手を繋いで歩き回り、思い出作りです。
この中で、春歌からの退院祝いでマイクを渡しています。

翌朝、タイミングよく翔がきて、2人で朝食。さりげなく、片付けをしてくれる翔って、
ほんと、いい男ですね〜。

この後、翔が龍也のドラマに端役出演するというので、春歌も見学に。
翔は赤点を取った生徒役で、現実のままの役どころでした。
その後、エキストラが1人足りなくなったからと、龍也から春歌に声がかかり、
バレーボールをする女子の1人として出演するのですが、コードに引っかって転び、
まあ、いろいろと大展開して、龍也が倒れた機材で足を怪我してしまいました。
主役が怪我か?ということで周りは大慌てですが、当の龍也は冷静です。
さすが、伝説のケンカ番長。こんなことでは動揺しませんね。(笑)
しかし、春歌がものすごく気にしてしまい、それを察した翔が、
パートナーの責任は自分の責任だからと、龍也が出る予定の大運動会の駅伝の
最終ランナーをやると願い出ます。しかし、応援歌を歌う予定になっているので、
大丈夫なのかと話していると、シャイニーが出現。
心臓病を克服し、復活を遂げたアイドルという売りでいく、と。
これで、走った直後に歌わなくてはなりました。

部屋に戻った春歌は、翔のために歌いやすい曲を作らなければと気負ってしまい、
ストレスで胃炎に…。夜、落ち込んでいた春歌を気にして、翔が電話してきた時、
異変に気付いてくれ、薬を飲ませて、痛みを和らげるようにしてくれました。
落ち着いたところで、しんどい時には我慢しないで欲しい、
自分にできることはやるし、できない時はちゃんと言うから、と。
また、2人の信頼度が高まりましたが、翔がそれをできていませんね〜。

最終ランナーに決定したことで、仕事が増え、少ない時間で曲作り。
春歌の部屋に戻ってきた翔は、少し疲れているようで、微熱も。
それでも、同じ病気で入院している少女と会ったことで、
歌で元気づけたいという思いが強まっているようで、まだ頑張るようです。
この後、武道館で単独ライブができるようになったら、
毎朝、春歌のご飯を食わせてくれないか、というプロポーズ的なセリフを言っていますが、
空気の読めない春歌は、明日からでもそうする? と。(笑)

曲作りも大詰め、翔は体力作りに走りこみを始め、夜には微熱を出すこともあり、
春歌が気にしていると、ある日、翔の声が出なくなってしまいました。
不安で練習しすぎたからということです。

数日後、歌の練習をしていないはずの翔がレコーディングルームで歌っているのを
春歌が目撃し、一人で悩まないで相談して欲しいと訴えますが、
翔も歌いたい気持ちが強く、最終的に、春歌が「好きにして」と出て行ってしまいます。
春歌は、自分にできることを考え、これまで翔が歌った録音データから
ベストの歌声を繋ぎ合わせる作業をすることに。
これを聴いて歌えることをイメージすれば、少しは安心するという作戦です。

夜に作業が終わり、うたた寝した後、窓で物音が。
ベランダに出てみると、いくつかの紙飛行機があり、翔の気持ちが書かれています。
電話をかけたらしいのですが、電池切れだった模様。
下を見ると、翔が紙飛行機を飛ばしていたので、急いで下へ。
ちなみに、届かなかった紙飛行機は下にばら撒かれているようです。
この直前の翔のエピソードはショートストーリーで分かります。
トキヤに事情を話すと、2人で努力すべきところを隠れるようにしていたことに
怒っているのでは、と。
下で、お互いに謝った後、春歌がプレイヤーを渡し、翔が繋ぎ合わせた音源を聴くと、
嬉しそうな顔をしてくれました。

この後、手を繋いで歩いているところをトキヤにとがめられました。(笑)
そして、翔が時間内にゴールできなければ、自分が歌うから、
オケのデータが欲しい、と。生放送なので、穴は開けられないんですよね。
大丈夫だという翔に、他のランナーが遅れれば、走る負担が増えるという話になり、
トキヤとグラウンドで走ることになりますが、今の体力では、
走った後に歌うのは無理だと自覚させられます。
そこで、2人でさらなる体力づくりをすることに。
グランドで走る距離の倍の10kmの走り込みをしたり、肺活量を鍛えるために
プールで泳いだり、さらに歌の練習。

龍也とトキヤとの合同練習で、再度、トキヤと走ることに。
今回は、ランナーが遅れた場合のペースを想定してトキヤが翔を炊きつけています。
走った後、翔は全く歌えませんが、トキヤはあっさり歌いきっています。
ここから、トキヤの特訓が始まりました。省エネで歌えるようにというような訓練です。
他の日、春歌が肩がこったなぁと感じていたところにトキヤが来て、
足もむくんでいると、翔のために足の疲れがとれるツボを教えてくれます。
そこに翔がやってきて、今度は翔が実験台に。かなり痛そうで、
最後には「鬼」呼ばわりしてます。
後で、翔は春歌とトキヤがお似合いだと思ってしまったことで、
ちょっと嫉妬してしまったようですが、キスして、春歌の気持ちを確認して、
安心したようですね。

大恋愛ENDは、本番前日の練習で、どうしても納得がいくように歌えない翔に、
春歌が校門から社長の像まで走るように提案。春歌は像のところにいるので、
素直でまっすぐな翔の気持ちが届くようにイメージしての最後のトレーニングです。
今度はいい歌が歌えました。今回は、ここでエンディングが入るので、
春歌のためだけの歌ということで、ちょっとじ〜んとしますね。

本番当日。シャイニーが司会、トキヤが司会補佐としてトーク。
しかし、ランナーが遅れているため、龍也と春歌はロケバスで翔を追いかけることに。
苦しそうに走る翔のために、春歌やスタッフが応援歌を歌い出しました。
観客の声援もあり、時間内にゴールし、歌を披露。

その夜、春歌の部屋でご飯を食べ、翔がお風呂に入っている時、
春歌が紙袋を見つけ、そこに翔が上がってきて、慌ててます。
2人でじゃれていて床に転倒したところで、それが翔と同じヘアピンだと判明。
指輪はまだ早いから、自分と同じものをプレゼントしてくれたのでした。
それを、毎日つけてて、と。おそろいのヘアピンっていう発想がいいですね。
翔の上半身裸でジーパン姿っていうのが少年と大人の狭間っぽいです。
でも、風呂上りにジーパンはないけど。
そして、春歌の前では少し大人の本当の翔でいたい、とキス。
キスが他のルートほどくどくなくて良かった、と思ったら、
次のシーンはベッドでキスの嵐でした。しかも、何気に、
レンの恋愛指南書を参考にしているように…。(笑)
それでも、最後は爽やかに、ゆっくり大人になっていこう、で終わりました。

翌日、春歌のヘアピンの付け方を話し合っています。
春歌は前髪を上げるのが不安なようですが、人見知りを直すには上げた方がいい、と翔。
お互いにヘアピンを付け合ってキスして、終了。

恋愛ENDは、翔はどうしても上手く歌えないと悩んでいますが、
春歌のアドバイスで悩みが解消。
前日に熱を出し、薬を飲ませて看病しますが、下がらないため、病院へ。
それでも、出ると決意。司会はシャイニーとトキヤ、中継地点に龍也がいます。
春歌は会場で翔を待っています。
ランナーが遅れ、エンディング1分前。やっと校門に辿り着いた翔。
会場ではこれ以上待てないとオケを流すことになり、シャイニーの合図で、
トキヤがマイクを握って歌う準備を始めます。
トキヤが「早く来なさい、翔!」というのがぐっときますね。
ここで、翔が到着し、無事に歌うことができました。

舞台袖に翔が戻ってたところで倒れ、龍也が車で病院へ運んでくれました。
診察の結果は、過労と風邪に気管支炎まで追加、一時入院。
この病院は、同じ病気の女の子がいるところで、翔のお陰で、
女の子が手術を受ける決意をしたようで、手術後、集中治療室で番組をずっと流し、
翔が歌い始めたところで目を覚ましたとのこと。

その後、シャイニーと龍也に呼び出され、応援歌の反響が多くて、CD化されることに。
ただし、いいカップリング曲ができたら、ということで、
半月くらいで新曲を作成することになったのでした。
ラストは、翔を起こしにきたら、オモチャに囲まれて寝てました。(笑)
ショートストーリーで分かりますが、那月にもらったぬいぐるみは
春歌が喜びそうだと妄想してます。

友情ENDは、無理して走り込みをする翔を見たトキヤが、明日のことを考えて、
早く寝かすように、と。本番では余裕がなくなという怖さを知っているから、
今頑張りすぎても無駄なんだということのようです。

本番当日、ランナーが遅れ、間に合いそうもないという空気の中、
トキヤが駆けつけ、司会補佐は龍也に任せ、翔に肩を貸して走り始めました。
この裏事情はショートストーリーで分かります。
トキヤとしては、この歌を陰ながら見守ってきたので、
歌っていいのは翔だけだとわかっており、それを龍也に言うと、行ってやれ、と。

翔が歌えたのは、トキヤがほぼ背負う形で体力を温存させてくれていたからでした。
そりゃ、さすがのトキヤもボロボロになるわけですね。
最後はトキヤも限界で、温存していた翔が自力で走ったようです。
そして、トキヤに支えられ、翔は歌うことができたのでした。
歌い終わった後、人はひとりで生きられない、ひとりで叶えられない夢なら、
みんなで叶えればいい、と番組の趣旨にもピッタリの展開で終わりました。

楽屋では、今回は翔は感謝、トキヤは素直に翔を褒めています。
最後にトキヤが、翔に愛想を尽かしたら、いつでも私のところに来て下さいね、と。
当然、翔が否定、で終了。

ところどころで、下野さんの声のトーンを落として、小声でしゃべるシーンがありますが、
全キャラの中で一番、普段との落差があってやられました。
下野さんの囁き・呟き系の声、すごく好きです♪

翔のエンディング曲は「コズミックRUNNER」で、歌は下野紘さんです。
前回の「オレサマ愛歌」はかわいい元気系の曲でしたが、
今回のは、

※エンディングのメモリアルは、EP4のミニゲームの後に「悔しい」を選択すると、
 3種を入手できます。

・月宮林檎ルート

林檎ちゃん、きました〜♪ 男の姿が見られると思うとワクワクしますね。
Aクラスの教師ということで、教え子3人がこちらのファンディスクにも登場♪

今回は春歌の学園での設定が今までと違います。
パートナーのアイドル志望の女性が体調不良で早々に辞めてしまい、
その後、引っ込み思案が禍して、新しいパートナーが見つからず。
Aクラスの仲間たちは友達ですが、それぞれにパートナーがいるため、
課題でパートナーが必要な時だけ、林檎が仮として組んでくれています。
春歌は卒業オーディションを一人で受けています。
しかし、アイドルの歌唱+作曲家の曲の2つの採点基準があるため、
春歌の場合は自動的に歌唱評価が0点になってしまうわけです。
最優秀作曲賞をもらうことはできますが、シャイニング事務所の準所属には選ばれず。
シャイニーにチャンスを下さいと訴えたところで、林檎・音也・真斗・那月が
援護射撃をしてくれました。そこで、Aクラス3人のユニット曲を作り、
いい曲であれば合格、ダメなら、準所属に合格していた3人は合格を取り消し、
林檎は教師を辞めてもらう、という流れに。
春歌は他の人に迷惑をかけられないと言いますが、当然、友情パワー発動です。(笑)

その後、春歌は事務所の寮の林檎が住んでいた部屋を一時的に借りることに。
レコーディングルームで曲作りを始めると、基礎しか学んでいないユニットソング作りに
アイデアがまとまらず、上手く作れません。そこに、林檎が登場。
自分が教師になった頃の失敗談などを話してくれました。

林檎のショートストーリーは、林檎の過去や思っていることが分かって面白いです。
前半をまとめてみるとこんな感じです。

春歌関係では、春歌が入学した時はすごい子が来たと喜んでいること、パートナーがいなくなり、
見つからない春歌に目をかけていたこと、クリスマスの時は男役として春歌と踊ったこと、
進路のことで、パートナーなしではデビューは難しいから、もう一度早乙女学園に入り直すか、
他の学校に行くかと進めたら、林檎の後輩になりたいから、一人でオーディションを受けたいと
言い出して、応援することに決めたこと。

学生時代関係では、シャイニーにスカウトされて早乙女学園一期生になったこと、
女装だったため、自己紹介で男だというと引かれて浮いていたこと、
龍也が子分を連れてシャイニーにけんかをふっかけ、逆にボコられ、
シャイニーの命令でアイドルを目指すことになったが浮いていたこと、
そんな浮いた2人が同じ部屋になったこと、そんな龍也に物怖じせずに話しかけたのが
後に龍也のパートナーとなるハルハルこと春輝だったこと、
最初は歌を拒否していた龍也に曲を書いては持ってきていたこと、
春輝の曲がいいから、自分の歌唱力では歌えないと龍也が練習をしていたこと、
パートナーに逃げられた林檎がシャイニーの許可をもらって、
春輝のパートナーになったこと(この時点では既に龍也のパートナーです)、
林檎が教師になった頃、龍也と春輝がアドバイスをくれたこと、

龍也のパートナーって男だったんですね。名前が主人公と被ってます。
どうせなら、主人公の兄設定とかにしてしまえば良かったのに。(笑)

林檎が教師は無理だと言い出したら、アイドルになりたい子が知りたいことを教えてあげればいい、
と分かりやすくアドバイスしてくれてますし、龍也も何だかんだで教えてくれています。
この後のいくつかもまとめてみると、春輝は、普段は少し頼りないけれど頭がいいこと、
いい曲を作ること、ご飯をたくさん食べること、最初は歌を歌わないと拒否していた龍也に
歌ってくれるまで曲を書いていたこと、パートナーに逃げられた林檎のパートナーにもなってくれたこと、
(これは、シャイニーの許可をちゃんと取ってから)など。

その流れで、素敵な曲を作るためには人間性も磨かなくてはと、
林檎が春歌にメイクをしてくれます。
そして、数日後、林檎の行きつけの会員制の高級ブティックへ服を買いに行き、
その服を着て、そのままデートをすることに。といっても、女×女ですが。
帰り道、雨が降ってきて相合傘をしますが、この時、初めて、林檎の身体に触れて、
男の人なんだなぁ、とドキドキする春歌。

音也たちと林檎との曲作りでは、声質や表現方法がそれぞれ違う3人を
どう組み合わせるか迷っています。音也と那月は心のまま、感性のままに歌うタイプ、
真斗は2人に合わせようとしてどう合わせていいのか迷っているようです。
そこで、林檎が表声が強いから、合わせるなら裏声も鍛えた方がいい、ということで、
3人は発声練習をすることに。春歌も歌い手の気持ちを理解するために一緒にやってます。
そこに、林檎を心配して龍也が見にきました。3人が教えるのが上手だと褒めると、
林檎はそれは春歌のお陰だ、と。春歌は、ちょっと教えただけですごく感動し、
教えたことをどんどん吸収するから楽しいんだそうな。

翌日、林檎の付き人として、ソングステーションに行くことに。
その日は、林檎が遅刻しなかったことにスタッフが驚いています。
実は、待ち合わせに林檎がこないので、春歌が起こしに行ったのでした。
林檎は、ステージでは圧倒的な存在感を放ちますが、楽屋ではちょっと弱音を。
元気なイメージの裏で、たまに弱気になる、と。春歌と話すと癒されるらしいです。

この後、スタッフの飲み会を断って、春歌とレコーディングルームで曲作りを。
予約せずに内緒で使っていたので、見回りの龍也が来た時は
林檎が春歌を抱き締めて隠れています。
ショートストーリーで、林檎が春歌のドキドキを察して、自分もドキドキしつつ、
ギュッと抱き締めたり、わざと足を絡めたり、さらに春歌をドキドキさせるようなことをしてます。
後で、春歌が自分を男としてみてくれていることを嬉しく思っていますね。
しかし突然、停電に。誰も使用していないと省エネのために電気が落ちるため、
ドアの鍵が開かなくなってしまい、一晩2人で過ごすことに。

翌朝、龍也に見つかり、大目玉を食らいます。アイドルや教師という立場や
春歌のことを考えて行動しろ、と。世間には男と見られていないから、と少し反論すると、
イメージで女だと思われているだけで、心は男だろ、と。
その後、意味深なセリフが入りましたね。もうすぐ、そのイメージが壊れ、
本当の林檎が世間に知れる、と。映画で男役をやることが決まっているということでした。

数日後、個人レッスン中に、林檎の生徒から電話が。今年度は、学園を辞めたいという生徒が多くて
自分の教え方が悪いのかと悩んでいるようです。春歌も言っていますが、
春歌を始め、Aクラスからも数人、準所属になっているくらいなので、生徒の質の問題でしょうね。

次の日は、音也たちと練習。メロディラインも決まり、後は編曲と練習のみだ、と。
春歌が楽しそうなので、他の3人も何となく変化に気付いているようです。
その後、林檎の部屋で個人レッスン。林檎が春歌が綺麗になったのは恋かと聞くと、
春歌の頭に浮かんだのは林檎でした。初恋はまだという春歌に疑似体験をということで、
今度、林檎が主演となるラブロマンス映画のワンシーンを演じてみることに。
林檎は美少年吸血鬼役です。人生に絶望した少年がバンパイアと出会い、
自分もバンパイアにしてもらったところから始まり、後に一人の少女に恋をする、
仲間にすれば永遠に少女といられるけれど、少女には日の光の下で笑っていて欲しい、
と葛藤をする切ない物語です。
演じる林檎が男の声になっているので、すごく切ないボイスが…!
役にのめり込んでいる林檎を見て、少女役の春歌も世界に入り込んでしまい、
別れを告げられた時、涙を流してしまっています。
それを見て、ちょっと驚いて林檎が涙を拭ってくれ、ハッピーエンドだと教えてくれました。
2人で幸せになる道を探すエンドらしいです。

ちなみに、音也たち3人も映画に出演予定、と。
3人のためにも、不合格にはできないと思いつつ、いつか林檎に曲を歌ってもらいたいと思う春歌。
でも、林檎は歌ってみたいけど、トップアイドルの曲は厳しい条件があるから
かなり難しく、最低5年はかかると言われてしまいました。
ここで、林檎たちの卒業オーディションソングを聴かせてもらいますが、
レベルの高さに春歌は唖然。作曲者と話したいというと、3年前に事故で死んだ、と。
ショートストーリーで、ステージお祝いを龍也と林檎が春輝に内緒で企画していたら、
事故死の連絡をもらったという心境が書かれています。

自分の実力に凹む春歌に、昔は林檎が引っ込み思案で暗い子だったと話してくれました。
それが、シャイニーと出会い、「最高の男の娘」だと言われて、女装させられたら、
周りが羨望のまなざしで見てくれ、別人のように振舞ったら気が楽になったこと、
その後、早乙女学園の1期生にスカウトされたこと、デビューしてからは
歌と踊りとおかま役を演じてきたこと、など。
女として世間に人気があるだけに、男としての自分に自信が持てないようですね。

ショートストーリで、幼稚園の頃のことに触れていますが、林檎って本名だったんですね。
てっきり、芸名かと。ちなみに、名前が原因で引っ込み思案だったわけではないです。(笑)
中学で、一人だけ話しかけてくれる女の子がいて、その子も昔は人見知りだったことを聞いて
勇気づけられて友達ができたこと。

数日後、映画のロケに連れてきてもらった春歌。音也たちはバンパイアから逃げる若者役です。
あ、龍也もいました〜。バンパイア事件を追う記者の役とのこと。
夕方、冷えてきたのでロケバスに林檎の上着を取りにいって戻ると、
林檎と龍也が話しています。楽しそうに春歌のことを話す林檎に、
龍也が、お前とあいつは生徒と教師だから本気になるなよ、と。
その言葉で、自分の立場を思い知らされ、春歌が逃げ出してしまいます。
逃げているうちに足を捻挫して動けなくなっていたら、林檎から電話がかかってきて、
助けに来てくれました。女装のままですが、春歌を抱え上げる男らしさを想像すると
ニンマリしてしまいますね。(笑)

1週間後、足が治り、レコーディングルームへ向かうと、廊下に林檎と龍也の姿が。
林檎のクラスの半分が辞めてしまったらしいです。入れただけでもすごいけど、
確かに、シャイニーのむちゃくちゃ加減は半端じゃないですからね。
でも、これを乗り越えられるのなら、何でもできそうな気もしますが。(笑)
春歌も意見を求められ、林檎では憧れの人すぎて身近に感じにくいけれど、
卒業したての自分たちが頑張って歌を作って認めてもらえれば、
1年間先生に教わればこんな風になれると示せるのでは、と。
この時、龍也が何か気付いているような驚いた立ち絵になっていますね。
後日、龍也に林檎を教師として慕うのは悪くはないが、それ以上の感情を抱いているなら
互いに負担にしかならないからやめておけ、と釘を刺され、春歌は自分が
林檎のことを好きなんだとはっきり自覚したのでした。

一人で曲作りしていて行き詰った時、林檎がやってきて、息抜きと言って
学園内などで春歌の写真を撮り始めました。
そうしているうちに、林檎たちのような見られる側の気持ちが分かり、
ますます告白してはいけないという気持ちになり、せめてツーショット写真を撮ってもらうことに。
一方で、林檎の方は、男として演じることへの怖さを吹っ切れたようです。
以前、男役がきた時に、素に近い男性寄りの役作りをしていったら、
求められていたのは女っぽいものだったという過去があったそうな。
その時、オカマっぽく演じたらそれが受けて、今に至る、と。
最後に、春歌が、女の子らしい先生も、男の人な先生も大好き、
みんなも絶対に男の人な先生も好きになってくれる、と微妙な告白を。
すると、林檎が、自分の演技が上手くいって、春歌たちが準所属になれたら、
教師と生徒としてではなく、恋人としてデートしよう、と。

音也たちの練習日。歌い上げるだけですが、意見がまとまりません。
後で林檎に相談すると、オケを派手にしてイメージを強くすれば、
3人のイメージもブレなくて統一感がでるだろう、と。
ここで、また林檎の生徒から辞める電話が。

翌日、音也たちにAクラスの生徒たちことを相談すると、みんなで頑張って、
いい歌を作ろう、ということになり、それが歌詞に反映されているようです。
そして、曲が完成し、どうしても林檎に聴いてもらいたくて、
雨の中、外で待っていたら、戻ってきた林檎に部屋に入れてもらいました。
曲を聴いて喜んでくれ、自分が歌いたくなったと言ってくれています。
この曲は林檎をイメージして作られているので当然ですね。
ここで停電。学園時代は、お互いに励まされる存在だったことを告白し、
約束の恋人でのデートの話に。男の姿がいいかと聞かれますが、
林檎の見せたい姿でいてくれるのが一番だ、と答える春歌でした。

大恋愛ENDは、音也たちとのレコーディングの日、林檎も駆けつけてくれ、
みんなが一体となり、曲が完成。全員でシャイニーのところへ行き、
春歌が「最高の1曲です」と音楽を流そうとしたら、ステージで歌ってみろ、と。
すぐに龍也へ指示を出し、生徒たちが講堂に集められ、音也たちのユニットのライブが行われました。
生徒たちは感動し、春歌たちも合格に。

3人はシャイニーが新たなステージへ導くとどこかに連れて行かれました。
何をさせるんでしょうね。ちょっと気になります。(笑)
そして、春歌と林檎は、恋人デートをするために、2時間後に時計台で待ち合わせを。
そこには、髪をバッサリ切った男姿の林檎が! 女の子にも見える童顔系の美少年ですね。
声も男ですし、「俺」と言っています。男の声、いいですね〜。

ショッピングモールでデートした後、また時計台に戻ってきて、
林檎が、お試し期間は終了、ふたりでもっと楽しいことをしよう、と。
ニブちんの春歌に、はっきりと、男として付き合いたい、と告白。
林檎が春歌を異性として意識し始めたのは、映画のワンシーンの練習中で、
本気で好きだったから胸が痛かった、春歌も意識し始めたのは同じでしたね。

ここに来る前に、シャイニーに、好きな子ができたから男に戻りたい、と言ったところ、
振られたら慰めてあげるからどーんとぶつかってこんかい、と言われたそうな。
本当に、シャイニーは林檎に甘いなぁ。(笑)
ついでに、中村さんのシャイニーの口真似が割と似てます。
この後は、熱いキスの嵐。林檎が、ファーストキス?と聞いて、春歌は頷いていますね。
おっと、本編の真斗との事故キスがなかったことになってます。
そもそも、あの設定があり得ないので、それでいいのですが。(笑)

その後、男の姿で春歌の部屋に林檎が遊びに来るようになります。
業界慣れしているせいか、甘えん坊な部分もどこか大人っぽく見えますね。
そして、髪を切ってしまっていますが、かつらを用意しており、
春歌の曲を歌うためにも、アイドルを辞めるつもりはない、と。

恋愛ENDは、音也たちと練習した音源を持って、林檎と春歌はシャイニーのところへ。
イントロを流し、シャイニーが聴き入ったところで、林檎がCDを止めてしまいました。
続きはライブで発表させて欲しい、と。振り付けまで意識して作られた曲であることを
ちゃんと見抜いていて、発表の場を設けることで、3人や春歌の実力を披露するチャンスを
作り出してくれたのでした。さすが、芸能界で生き残っただけはありますね。

そして、早乙女キングダムフェスタの前座で歌うことに。
事前に、ダンスやかっこよく見えるポーズを練習。
今回の歌を、林檎が、みんなに力をくれる歌で、YESかNOか迷った時にYESをくれる曲だ、
というセリフがいいですね〜。
フェスタの司会は林檎で、盛り上げたところで3人の歌へ。
当然、春歌たちは合格、林檎も教師続行です。
この後、シャイニーがじきじきのレッスンを3人にすると、
伝説のトラの穴とやらへ連れて行かれました。(タイガーマスクネタです。笑)
床に穴が開いて落ちていったところが、シャイニーらしい。(笑)
歌を聴いた生徒たちも、頑張ると言いにきてくれました。

そして、2時間後に男姿の林檎と恋人デートに。
自分たちがアウェーだった思い出のライブハウスへ行った後、時計台に戻ってきて、
もう恋人の時間は終わりだと思った春歌が、大声で泣き出してしまいました。
ずっと、傍にいて欲しい、と。年の差カップルなので、春歌がちょっと子供っぽくなってますね。
これまでのイメージとは違いますが、ちょっと可愛いと思っちゃいました。
映画のワンシーンを見せて、春歌の時の方が情熱的だった、と。
春歌のお陰で、「男」としての自分を取り戻せたから、「男」としての自分を捧げたい、と告白。
林檎には、以前から、春歌が自分に気があることが分かってたようですね。そして、キスの嵐。
その後、シャイニーに極秘交際を認めてもらったのでした。

友情ENDは、音也たちのレコーディングの日、細かく指示を出しつつ歌撮りを終え、
春歌がそれを繋げる作業をしていると、林檎と龍也が入ってきました。
仮に繋いだものを聴かせ、アドバイスをもらいながら、完成。
シャイニーに聴かせると、生で聴きたいと言い出し、生徒たちの前でライブ。
生徒たちは感動し、春歌たちも合格に。
その後、林檎に連れられて学園長室に来た春歌。林檎がニコニコしながら、
自分は女装アイドルだから、男の姿の時は恋愛禁止は適応されないでいいか、と言い出し、
春歌との交際許可を迫り始めました。人気アイドルなので、半分、脅迫です。(笑)
シャイニーと互角に張り合えるのは林檎だけみたいですね〜。
初めて、そこで事実を知った春歌に、ちゃんと林檎が付き合って下さいと告白。
結局、龍也の援護射撃もあり、極秘交際が認められました。
林檎が春歌の頬にキスすると、龍也が、浮かれすぎだ、年の差を考えろ、と。
そういえば、林檎は24歳、春歌は16歳ということで、8歳差ですか。全然ありです。(笑)

今回は、林檎がいつ男になるのかすごく気になりましたが、後半でちょくちょく、
という感じでしたね。ふっと男になる瞬間がドキッとしました。(笑)

林檎のエンディング曲は「Welcome to UTA☆PRI world!!」で、歌はAクラスの3人です。
Aファンディスク内で一番好きな曲です♪
すごくエンディングらしいですし、アイドルというかアニソンのエンディングっぽくて
爽やかで可愛い曲です。ファンディスクにSクラスバージョンがないのが残念〜。

・日向龍也ルート

ケンカ番長、龍也がラストです♪
他ルートでも分かるように、パートナーの死が心の傷な龍也ですね。
Sクラスの3人も登場しますが、出番はかなり少なめです。

春歌のパートナーは1週間で学園を去り、パートナーが見つからず、
アイドル志望と組む課題は龍也に別の課題にしてもらったりして凌ぎ、
卒業オーディションを1人で受けています。
最優秀作曲賞をもらえますが、事務所には入れず、は林檎ルートと同じ。
Sクラスの3人が納得いかない様子ですが、春歌は仕方がないと諦め気味です。
しかし、龍也の提案で、事務所のスタッフとしてアルバイトで働きながら、
社内のコンペに参加して認めさせればいい、という流れに。
トキヤたちも歌で協力してくれることになり、春歌は龍也のアシスタントとして
実家から通いながら、働き始めます。

事務所が立て替え中ということで、仮事務所は寮の一室です。ちなみに、隣は龍也の部屋。
龍也が仕事で眼鏡をかけているスチルがありますが、かなりカッチョいいです♪
春歌は、龍也の指示で、表計算で会計の計算をしたり、領収書の整理などをしつつ、
電話対応やメール対応などの社会人としての受け答えなども教えられています。
レンに仕事が入りますが、その日はデートだから入れないで、と言われていたらしく、
春歌が迷っていると、タレントを甘やかすな、とも。(笑)

事務の仕事の合間に、トキヤたちと曲作りも始めますが、ユニットソングはあまり
ちゃんと習っていないので、上手くまとまりません。
そういう時、龍也がアドバイスをしてくれたりしています。

数日後、龍也のドラマ撮影に同行。Sクラス3人も出演しています。
トキヤはバックコーラス、レンは雑誌モデル、翔はバックダンスの仕事を始めていますが、
ドラマは初出演で、殺人事件の第一発見者の役です。
そして、龍也は単独捜査をしている人情派の刑事役。
ここで、春歌が事務所に戻る必要ができ、事務所で仕事を片付けた後、
龍也がご飯を買って戻るから待っていろ、と。
待っている間、龍也のライブDVDを発見して見ていたら、戻ってきた龍也に
速攻で消されてしまいました。照れているというより、昔のことは思い出したくない、
ということでした。春歌が龍也の歌が聞きたいと口にすると、歌はもうやめた、と。

数日後、事務所が請け負っていた龍也のドラマのBGMの締め切り日を1週間間違えていて、
間に合わないということで、春歌と龍也が足りない分を1晩で作ることに。
龍也も作詞作曲は一応できるということになっていますね。
パートナーと意見を言い合っていて覚えたということなのかな。
(さすがに、ケンカ番長が最初から知っているとは思えないので。笑)

仕事をやり終え、春歌が眠ってしまったため、龍也が自分の部屋のベッドへ運んでくれました。
しかし、なぜか、ベッドの脇で座りながら一緒に寝てしまったようですね。
ショートストーリーで分かりますが、春歌の実力をかなり高くみていますね。
追い込まれると本領発揮するタイプなのに、自分に自信がない、と。
そして、ちょっと女として意識してる?的なところも。
その幸せそうな顔を見ていたら、自分も寝てしまったということでした。

翌日、トキヤたちとの打ち合わせ後、事務所で仕事をし、帰ろうとしたら、
ご飯をおごってくれるというので、照れて顔を赤くしたら、風邪と勘違いされて、
部屋でご飯を作ってくれました。料理はできるし、作詞作曲はできるし、
事務所の切り盛り(シャイニーのお守?)はできるし、本当にできる男ですね〜。
その後、龍也の部屋を見せてもらうと、たくさんのCDがあり、聞かせてもらうことに。
龍也に仕事の電話がかかり、春歌が一人になった時、「haruki01」と書かれた1枚のCD-ROMを発見。
それを聴くと、イントロから引き込まれる素晴らしい出来だったようです。
そこに龍也が戻ってきて、すぐに止めろ、今聴いた曲は忘れろ、と。
歌をやめたことといい、かなり深い傷ですね。

林檎の付き人としてソングステーションの楽屋に来た時、林檎との会話の中で、
春歌が龍也のパートナーになってくれれば…、誰にもあの子の代わりはできない、
歌わないのは解決していない悩みがあること、などが分かります。
戻ってきて、事務所で仕事を始めますが、「haruki01」の曲が頭から離れず、上の空気味。

トキヤたちとの曲作り中、無意識にイントロのメロディを弾いてしまい、
翔たちの反応が良かったのですが、通りかかった林檎に聞かれ、廊下に連れ出され、
それをどこで聴いたのか聞かれました。
その曲は、3年前に死んだ龍也ノパートナーだった春輝が作ったもので、
彼の死以来、龍也は歌うことをやめ、プライベートじゃ笑わなくなり、
仕事はするものの、休日は引き篭もりっぱなしだった、だから、そっとしてあげて欲しい、と。

実家でも、「haruki01」の曲が忘れられず、それなら、最後までこの曲を作りきって、
すっぱり忘れ、自分の曲作りに切り替えようということに。
過去の龍也の歌を全部聞いて、春輝の曲を研究し、特徴をつかんで、
オリジナルに近いものを作り始めます。

事務所で譜面起こしの仕事をし、触発されて自分の曲作りをやっていて眠ってしまったところで、
酔っ払った龍也が入ってきます。自分の部屋と間違えているのですが、目が覚めた春歌が
話しかけても、春輝と勘違いをして話していますね。そして、春歌が作った春輝の曲を
聞かせても気付かず、挙句の果てに、春歌の膝の上で爆睡。
結局、春歌は帰りそびれてしまうのでした。

翌日、一人で2つの曲作りをした後、購買で林檎と遭遇し、裏庭で春輝のことを聞く流れに。
林檎は春輝のことを「ハルハル」と呼んでいますね。春歌のことは「ハルちゃん」なので、
やっぱり、被ってます。林檎がいうには、2人は一緒にいて和むところが似ているんだとか。
夕方、トキヤたちとの曲作りで、間違えて、「haruki01」の曲のCDをかけてしまい、
気に入られても自分の曲ではないため、この曲のことを3人に打ち明けます。
すると、曲を完成させて、龍也の悲しい記憶を幸福に塗り替えてあげよう、
でないと、曲が可哀相だから、ということに。
春歌は、ある程度形になったら、龍也に聞いてもらい、謳ってはいけないと言われたら
諦めようと決意し、それまでは内緒で製作することになります。

曲作りをしているうちに、自分の曲を歌って欲しいという思いが膨らんできて、
ある日、龍也に、自分の曲は歌ってもらえないのか、と聞きますが、
自分は歌わないけれど、いつか、春歌にふさわしい歌手が現れる、と流されました。

ある日、オーダーメイドで、春歌のスーツを作ることになります。
ショッピングモールで、昔の舎弟と再会。龍也は伝説の総長で、
「鬼の龍」と呼ばれていたんですね。元不良と聞いても春歌が怖がらず、
逆に尊敬しているのに龍也が驚いています。
これまで、素性を知って怖がらなかったのは、林檎と春輝だけだったそうな。
龍也も春歌と春輝がダブっているところがあるようで、
お前は勝手にいなくなったりすんなよ、と。
後のショートストーリーで分かりますが、龍也のケンカの強さはじーさん仕込みでした。
いつか出来る守りたい人のために、男が最低限の強さを持つのは当たり前、みたいな。
売られたケンカは買い、弱いものいじめは成敗していたら、いつの間にか、
チームのリーダーになっていたんだとか。情が厚いのはいいことですが、
ちょっと強くなる方向性が違いますね。(笑)
アイドルとなってから、翔を助けるエピソードがありましたが、
この時、薫も一緒にいたんですね。薫を逃がすためにボコられるなんて、
やっぱり、翔ってカッコいいなぁ。
そして、それを助ける龍也もカッチョいい。ただ、天下無敵のアイドル様が、
ケンカして名乗っちゃって、大丈夫なの?とは思いますが。(笑)

事務所で、一人で「haruki01」の曲の完成手前まで作っていると、
龍也が戻ってきて、CD-ROMを見つけ、聴かせることに。
春輝が作ったイントロの部分は抜いてあるものなので、気付かれませんでしたが、
メロのセンスがいいなぁ、と感心されましたね。
春歌があまりにも遅くまで仕事をするようになってきたので、
早く帰らせるために、龍也がこの部屋に幽霊が出ると怪談話で脅かしていたら、突然、停電に。
犯人は、姿は見せていませんが、シャイニーです。(笑)
ここで、怖がった春歌が龍也にしがみついて泣き出し、それを慰める流れに。
あ〜、これじゃ、龍也の心に火がついちゃいますね〜。

林檎がケーキを持ってきてくれた時は、春歌のアシスタント振りに関心したり、
ブラック派だった龍也が、春歌の気遣いで疲れている時はミルクを入れていたり、
そんな様子を見て、いい雰囲気だと察しましたね。
トキヤたちとの練習では、自分は歌うつもりはないけれど、自分の持っているものを全て
3人や春歌たちに教えたいと思っているようです。
その時、トキヤたち3人に、1週間後のシャイニング事務所の所属の新人アイドルの
ファン感謝祭のライブに出演依頼が入ってきました。
3人の仕事は、バックダンスとコーラスです。春歌と龍也は裏方でのサポートに走り回ります。

感謝祭前日、「haruki01」のオケが完成。イベントが終わったら聞いてもらうつもりで、
舞台袖で、龍也が3人のための初舞台へのプレゼントを忘れたというので、
春歌が取りに戻ろうとする直前に、そのことを伝えて、事務所に向かおうとすると、
突然、龍也に呼び止められました。振り向いた途端、頭に衝撃を感じて春歌が気絶。

目が覚めると病院で、泣きそうな龍也の姿が。
落ちてきた照明器具が頭をかすって、気を失ったということでした。
春歌を抱きしめながら、自分が傍にいて欲しいと思う奴はみんないなくなってしまうのではないか、
という弱さを口にしています。翌日、退院しますが、両親が海外出張中のため、
龍也の部屋に泊まることになり、甲斐甲斐しく世話をしてもらいます。
龍也が優しいことをいうので、ちょっと熱があったこともあってか、
つい、自分の歌を歌って欲しい、と。最初は流されましたが、ベッドで寝かしつけられている時に、
春歌のためにちょっと歌いたくなったようなことを口にしていますね。

数日後に全快し、仕事が終わったところで、「haruki01」を聴いてもらうことに。
今度は、春輝が作ったイントロ部分も入っているので、龍也にも分かります。
ほとんど想像で作ったこと、トキヤたちが協力してくれ、
龍也のための曲として作ったこと、3人はそれをカバーするつもりで歌いたいこと、を伝えます。
ここで、死の真相が分かります。寒い冬の日、龍也の初の武道館単独ライブの初日に、
3人お揃いのお守り代わりのアクセサリーを龍也が忘れてしまい、
それを春輝が取りに戻ったところで交通事故に巻き込まれて死んだのだ、と。
春輝が別れる直前に、イベントが終わったら聞いてもらいたい曲がある、と言ったそうで、
それが、春歌の時と重なり、龍也は思わず呼び止めたということでした。
そして、その曲が「haruki01」だった、と。
ショートストーリーからは、男子寮のレコーディングルームは、春輝のために、
龍也と林檎の頼みで、そのままの状態で保存されていたこと、
(本編のセシルルートの地下のレコーディングルームのことですね)
「haruki01」はラフ曲が出来上がっていたこと、春歌ならこの曲を完成させられるかもしれないと
一瞬思ってしまったこと、などが分かります。

その後、龍也のバイクで、春輝との思い出の星空の綺麗な海岸へ。
春歌の「haruki01」の曲を聴いて、春輝と初めて歌を作った時のことを思い出し、
吹っ切れた気がするということでした。ただ、気持ち的にはすぐには歌えないようですが。
春歌が、「haruki01」をコンペに出したいというのを許可してくれました。

スーツで龍也の仕事について行った後、トキヤたちとの練習で、歌の許可が出たことを伝え、
練習を開始。指示の出し方が上手くなったとトキヤに褒められると、龍也から教わったと
嬉しそうに話すと、レンが恋してるだろうと察しましたね。
ちょっと煽る発言をすると、トキヤが制止しています。アイドルとの恋はご法度ですからね。
このあたりから、龍也を異性として意識し始めています。

3人と龍也との練習中に、レンが流れで春歌の頬にキスすると、
龍也が、春歌にちょっかいかけたら裏に呼び出すから覚悟しとけよ、と
メンチをきって不良口調になってます。(笑)
ちょっと翔がビビッていますが、憧れの人だから、春歌のついでに面倒見てくれると言われて
すごく嬉しそうですね。龍也にだけは、可愛いとかチビとか言われても怒りませんしね。

5人で練習をしていると、シャイニーと林檎がやってきて、社内コンペニ出る、と。
新人がいい曲でいきなりビッグになるのは面白くないから、
シャイニーの歌を林檎が歌ってジャンボサイズの壁になるんだそうな。
裏としては、龍也に歌わせて、完全に復活させたい様子ですが、
龍也は自分の優秀な生徒を馬鹿にすんなよ、と。

この後、シャイニーの嫌がらせ攻撃が始まります。
大量の仕事のメールを送りつけたり、倉庫整理中に鍵をかけたり、
学園内にトラップを仕掛けたり。廊下のトラップを一人でかいくぐり、
龍也がシャイニーとタイマンを張っていると、後から春歌が追いかけてきて、
シャイニーを止めるために、取引先から電話が、と。
ショートストーリーで分かりますが、この時、シャイニーは嘘だとわかっていて、
春歌に乗っかって引いていますね。
抜け殻同然の龍也を見守ってきましたが、トキヤたちが練習している歌を聴いて、
今が立ち直る時だと感じたこと、春歌と一緒にいることで表情が穏やかになったこと、
トキヤたちが歌ってもいいものになるが、龍也に歌わせたいと思っていること、
そのために、自分が壁になって本気を出させようとしたこと、
春歌が2人の対決に冷静に対応したことで任せられると思ったこと、など。

シャイニーが去った後、春歌が建物に向かって走って行ってしまったことで、
龍也は自分の素を見られて嫌われたと思ってしまいますが、救急箱を取りに行っただけで、
すぐに戻り手当てを。もう龍也にとっては、春歌はただの生徒だと思えなくなりました。
そして、いつかお前の歌を歌う歌手だ、と。

大恋愛ENDは、コンペ当日、スーツを着て家を出ようとしたところで、
龍也が車で迎えに来てくれました。
3人に叱咤激励を飛ばして、舞台へ送り出し、今回の入賞者に選ばれ、
春歌は準所属の作曲なったのでした。その後、3人はシャイニーと地獄の特訓コースへ。
龍也によると、死ぬほどきつい3日間のスペシャルメニューでレベルUPするらしい。
春歌は、これからもアシスタントを続けたいと申し出ます。
内心は、好きだから傍にいたい、ということですが、林檎の登場もあって、
告白はしていません。

翌日の事務所で、龍也に、先生ではなく名前を呼ぶように言われました。
その後は、仕事は待っていてもこないので、曲を作って社内以外のコンペにも
参加することにしますが、龍也がいないとメロディが浮かんでこないようで、
裏庭でぼお〜っとしていると、レンに声をかけられました。
ここで、レンに恋愛事情を話す流れに。好きだけど、傍にいるためには恋愛を封じなくては
ならないこと、自分の歌を歌って欲しいこと、など。
レンからは、背中を押されるようなアドバイスをもらいましたね。

数日後、龍也からグラウンドに呼び出され、行ってみると、シャイニーとの対決中。
シャイニーに負けてアイドルを目指すことになったが、今度は勝って、
自分の意志でアイドルになり、春歌の歌を歌いたい、と。
そして、シャイニーを倒し、自分の意志で、春歌と一緒にシャイニーの下で働く、と宣言。
ショートストーリーでは、シャイニーの弱点が「愛」だと判明。
愛のこもった拳は本能的に受け止めてしまうらしいです。
そういえば、シャイニーって、龍也よりも前にいた伝説のボスだったそうな。
不良ではないようなのですが、圧倒的にケンカが強かったということらしい。

部屋に戻り、お前に惚れた、お前が欲しい、と告白&キス。
今は正式に付き合えないけれど、春歌が一人前になったらちゃんと付き合う、と。
すると春歌が、やっと想いが通じたのに、上司の部下の関係のままなのは嫌だ、
恋人して欲しい、と。ここで、大人の怖さ?を見せつけるために、
覚悟が本当ならお前を女にしてやるよ、と言いつつ、龍也が激しいキスの嵐を
お見舞いする流れに。これは、怪談話と同じ展開で、まだ早いだろ、という配慮です。
大人ですな〜。(笑)
そうして、春歌が大人になるのをゆっくり待つ龍也なのでした、と。

恋愛ENDは、コンペ当日、スーツを着て、学園で龍也と合流し、講堂へ。
歌う前に、翔たちが、この曲は自分たち3人と作曲家と先生と原型を作った人の
6人の想いがこもっていると紹介しています。そして、春歌たちが入賞。
その後、打ち上げとしてみんなで近くのレストランへ。
その途中で、3人が春歌に自分の曲を作って欲しいとアピールし始めると、
背後から龍也が春歌を抱きしめ、春歌の曲を歌いたいなら結果を出せ、
俺の許可なく曲を作らせようとするな、と。
最後には、自分の歌手復帰第1曲は春歌の曲と決めているとまで。
アイドルの曲を書くまでには長い道のりがあるようなので、
その道の過程に、トキヤたちもいるんでしょうね。

準所属の作曲家となり、そのまま龍也のアシスタントも続ける春歌。
早乙女キングダムでの音楽祭の下見に、遊園地にきた龍也春歌は、
帰りに遊んでいくことにしたところ、イベントの下見に来ていたレンたち3人と遭遇。
彼らも園内を回ろうとしていたため、一緒に夕方まで遊ぶ流れに。
ショートストーリーでその内容が明かされています。
3人が春歌に気があると龍也は見ていますね。
春歌が何気なく見た先を察したレンがクレープを買ってきたり、
それを察したトキヤが飲み物を買ってきたり、その間に翔がベンチに座らせたり。
春歌はどのルートでも、翔には気を使わずに笑顔なので、それも見抜かれてます。
そこで、翔に食べ物を買いに生かせている隙に、龍也が春歌の隣に座ったり。
何だかんだで、子供が5人って感じですね。(笑)

事務所に帰ってきてからの話で分かりますが、3人が春歌にちょっかいをかけて
触れてくる度に、その手を振り払っていたようです。
そして、ついに春歌が龍也に好きだと告白。ずっと龍也は聞かないように
持っていっていたのですが、言っちゃいましたね。
それで、龍也も想いが止められなくなり、キスの嵐。
龍也の心配は、人気アイドルの恋人になれば、作曲家としての実力ではなく、
コネじゃないかと疑われるかもしれない、ということでした。
そして、春歌が一人前になるまでは付き合えないけれど、
誰にも取られないようにずっと傍においておく、と。

友情ENDは、コンペ当日、3人の前に林檎が歌っています。
プロの実力を目の当たりにして、3人が緊張気味ですが、いざ歌い出すと、
会場を圧倒させています。それを見た林檎が、自分が攻めているつもりでも、
どこか保守的になっていたのかも、と初心の気持ちを思い出したようです。
入賞した後も、引き続き正式な事務所のメンバーとして、アシスタントもすることに。

翌日、龍也から黒のフォーマルドレスを渡され、それを着て、林檎と3人で
春輝のお墓参りをすることに。龍也と林檎は春輝のお墓に話しかけ、
昔話をしたり、今の思いを伝えたり、最後に、曲を完成させた春歌を紹介し、
春輝の歌以外は歌わないという誓いを撤回させて欲しい、と。
最後に、龍也のこと、よろしくね、と春輝が言っているかのような風が吹いて終了。

龍也のエンディング曲「熱情 SERENADE」歌はSクラスの3人です。
てっきり、林檎と同じ曲のSクラスバージョンがくるかと思っていたのですが、
オープニング曲がきましたね。まあ、龍也のイメージで書かれた曲なら、可愛い系はないか。(笑)

総合的な感想

今回は、林檎のラストが良かったかなと思います。やっぱり、男姿と声ってのがぐっときましたね。
トキヤは後半の歌いたいのに歌えないというところが良かったです。
レンは陰で頑張っていたという意外性があったり、翔は頑張りすぎて春歌に怒られたりと、
それぞれ、ピンポイントでは良かったのですが、ストーリー全体としては、
そんなに盛り上がらなかったかなと思います。
龍也は、他ルートで何となくパートナーの死が分かっていたので、
予想通りのストーリー展開という感じでした。

ファンディスク2枚の中では、那月ルートが一番良かったと思います。2番目は林檎かな。

今回のファンディスク2枚は、本作のハチャメチャ設定が大分抑えられていて、
恋愛要素が大分多くなっていましたね。ただ、どれも最後にはキスの嵐という
同じオチだったのが残念です。一応、各キャラごとの違った恋愛が欲しかったかな。

主人公の春歌の設定は思ったより抑えられていましたね。
ルートによってはダメな春歌もありましたが、全体的には割と普通に近くなっています。
そして、脇役が攻略対象にあっさり昇格!という嬉しいような意外なような展開もあり、
新しい歌もたくさん聴けたので、結構、楽しめました。
本当に、この作品の一番の魅力はキャラが歌う歌ですね〜。最高♪

各ルート全エンディングをクリアすると、声優さんのスペシャルボイスが聞けるのも良かったです。
特に、林檎役の中村さん、キャラと素にギャップありすぎです。(笑)
林檎のシャイニーの声真似の話が出てますね。若本さんの真似でセリフを言ったら、
スタッフにいいと言われて、声真似することになったらしいです。
結構、似てましたよね。もっといろいろな人の声真似して欲しいなぁ。
そしたら、龍也役の遊佐さんがシャイニーの声真似でコメント始めましたよ。
意外と、シャイニーのマネって、しやすいのかな。(笑)

水曜どうでしょうな夜」トップページへ
ゲーム商品関連リンク

総合(楽天市場) / 新作ソフト(Amazon) / ベストセラーランキング(Amazon)