×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水曜どうでしょう応援ファンサイト「水曜どうでしょうな夜」
「水曜どうでしょうな夜」トップゲーム攻略>PSP「かまいたちの夜2 特別篇」

PSP「かまいたちの夜2 特別篇」

かまいたちの夜2 特別篇PSP「かまいたちの夜2 特別篇」のプレイ感想・攻略です。

【ストーリー】
“東京で暮らす大学生・透の元に届いた一通の手紙----。
それは、8月の15・16日の2日間を、洋上に浮かぶ孤島「三日月島」で過ごす
リゾート旅行の招待状だった。”


GBA「かまいたちの夜アドバンス」を以前、プレイしましたが、
格段に、プレイしやすくなっています。
ストーリー自体は、怖いものから、笑えるものまで、かなり多彩になっていました。
よく、同じ舞台でこんなにたくさんのストーリーが作れるなぁ、と感心してしまいました。
一つ残念なのは、画面がちょっと暗かったことでしょうか。

まず最初に、ストーリーの内容は、「1」で起こった事件は、実はゲーム内でのことでした〜、
というオチから始まります。登場人物がペンションに集まったのは本当なのですが、
殺人事件は、全く起こっていない、というのが真実。
そのゲームが売れたので、お礼がしたい、ということで、ゲームの製作者
「我孫子武丸(あびこたけまる)」という人物から、孤島「三日月島」でのリゾートという
招待状が送られてくるのです。真里と久々に会えるのを楽しみにしていた透ですが、
その島で、とんでもないことが待ち受けているのでした…。
(このとんでもないには、いろいろな意味が含まれています。
だって、ストーリーによって、キャラの性格やストーリー展開が、全く違ってくるので。笑)

このゲームの特徴は、小説のように読み進めていき、流れの中で選択肢が出てくるので、
どれを選ぶかによって、いろいろなストーリー展開へと発展していくというものです。
キャラクターもちゃんと登場するのですが、青く透けた色を塗る前のフィギュアのようなキャラで、
顔などの特徴はないので、かえってイメージしやすいようになっています。

他にも、フローチャートが見られるので、どういう選択をしたかなどが、表で一目瞭然です。
これを見ながら、選択していないものを、ざっくざっく選んで、完璧なクリアを目指しましょう!
そして、全ストーリーで、105個ものエンディングが用意されています。
この殆どは、○○篇と呼ばれる各ストーリーの途中で終わってしまう、
いわばバッドエンディング。(たまに、これはグッドかも?というものありますが。笑)
各ストーリーをクリアし、更に、エンディングリストもクリアすると、「金のしおり」が出てきます。
(「金のしおり」に関しては、各ストーリーのところどころの選択肢画面がバグっている、
というだけのようです)

ストーリーの一番最初は、「わらべ唄篇」のみ。
王道の殺人モノです。正体不明の「我孫子武丸」という人物が、どういう理由で
透たちを三日月島に招待したのか、疑心暗鬼になりながら、「1」のゲームで登場した
「河村亜希」がネックになっています。まさか、この人が殺人者とは…、というオチでしたよ。
しかも、理由がもっともらしいし。(笑)

「わらべ唄篇」をクリアすると、「陰陽篇」「底蟲村篇」「サイキック篇」が出現します。

「陰陽篇」は、安倍晴明(本編では「清明」)に興味があるので、個人的に好みの話です。
メインでは大したキャラではなった、夏美が宗教のうんちくを語るのは、ちょっと意外な反面、
かなりカッコいいぞ、と思ったりしてしまいました。(笑)
「底蟲村篇」は、不老不死のお話。これって、人間の永遠のテーマというか、
欲望なのかもしれませんね。この話も、興味津々で読み進めてしまいました。
「サイキック篇」は、真里が主役の、ちょっと異質なストーリーです。
これまた、面白いんですよ。みどり以外の女性陣が、超能力者ですもん。
子供の頃に開発されて、逃げ出した5人のうち、3人が復讐を始めるというような感じです。
当然、島にいる全員が、その超能力研究所の関係者な訳です。
ちょっぴり、「ナイトヘッド」を思い出してしまいました。(笑)

計4篇をクリアすると、「ぼくの青春篇」「ぼくの恋愛篇」「官能篇」「わらび唄篇」が
出現します。

「ぼくの青春篇」「ぼくの恋愛篇」は、選択肢のないショートストーリーです。
ギャグなので、笑って見流すくらいものでした。(笑)
「官能篇」は、女性キャラが、まさかこんな性格になってしまうとは…。
そして、男性キャラがまさか、ホモキャラになるとは…。
もんもんとしてしまった男性プレーヤーもいたのではないでしょうか。(笑)
「わらび唄篇」は、透が間抜けに見えるキャラかも。(笑)
各ストーリーごとに設定が変わる「我孫子武丸」は、本物っぽい(?!)ようですよ。
しかも、自称「美青年」だが、青く透き通った中からうかがえる顔立ちは、
どうみて、オッサン…。(笑)

計4篇をクリアすると、「惨殺篇」「妄想篇」「洞窟探検篇」が出現します。

「惨殺篇」は、どんどん殺されていくのですが、割と淡々としています。
しかも、選択肢によっては透の狂気性が現れるエンディング(バッドエンドも含めて)に
なっています。
「妄想篇」は、世界が歪んでいる感じで、ある意味怖いかも。
透が安孫子武丸と会った時、他のキャラが正座しているんですよ。
まるで、何かの宗教みたいなんですよね〜。
「洞窟探検篇」は、謎解きが含まれたストーリーになっています。
攻略サイトを見ないと、こりゃ分からん、というようなものもありました。

上記の○○篇(ピンクのしおり紺のしおり)13種とエンディング92種の計105種を
全てクリアすると、晴れて「金のしおり」が出現します。
これは、いろいろな場所に「不可解なバグが出現」するというものらしいです。
新たなストーリーというわけではなさそうなので、確認していませんが。

私のストーリー攻略方法ですが、まず、普通に1篇ずつ、ストーリーをクリアしていきます。
クリアする途中で、選択肢にぶつかりますが、1つ選んだら、次の選択肢まで進み、
フローチャートで、前の選択肢まで戻って、他の選択肢も見てしまいます。
(最初に、一通り、ストーリーをクリアしてから、もう一度、選択肢ごとに見ていくのも
いいかもしれませんね)

そして、「ピンクのしおり」(追加4篇)が出現するのですが、
それが、各ストーリーの途中に出現するので、そこから、また追加ストーリーを見ていきます。
それをクリアすると、「紺のしおり」(追加4篇)が出現。
これをクリアすると、後は、エンディングを制覇するのみとなるわけです。
私がプレイして最終的に残ったエンディングは、

8、20、21、22、35、36、54、60、64、69、70、71、76、78、79、80、81、87

の18種。フローチャートを見ながら、前のストーリーと繋がったな、と思ったら、
次の選択肢にすっ飛ばしたため、まだ先があったのか、というものも、ちょっと含まれています。
他には、選択肢をいくつか経過することで出現するエンディングも存在します。
例えば、「惨殺篇」の78〜83は、残虐な選択をいくつ選ぶかで、エンディングが変わりますし、
「官能篇」の64、65は、透の目の前に出てくるキャラによって変わります。

そうそう、「わらべ唄篇」の犯人の名前を入力するところがあるのですが、
そこで、間違った名前を入力すると、ランダムで以下のキャラが登場します。
・カッパ
・グレイ(セーラー服を着た宇宙人)
・占い師(70歳以上の老人)
・モヒカンの若者(白いギターを持っています)
・侍(テレビの時代劇の主人公=桃太郎侍のパクリ)

ちなみに、トップ画面から、使われた曲が聴けるのですが、
その中に、「ちょっとHなかまいたちの夜2」というサウンドノベルが聞けます。
透って、笑えますね〜。(まあ、勘違いするのも分かりますが。笑)

●「かまいたちの夜2 特別篇」の攻略サイト

Genuine Net City 〜かまいたちの夜2攻略〜
かまいたちの夜2〜監獄島のわらべ唄〜★攻略★
つきのさんぽみち かまいたちの夜2

このページの一番上へ

水曜どうでしょうな夜」トップページへ
ゲーム商品関連リンク

総合(楽天市場) / 新作ソフト(Amazon) / ベストセラーランキング(Amazon)