×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

水曜どうでしょう応援ファンサイト「水曜どうでしょうな夜」

「水曜どうでしょうな夜」トップゲーム攻略>NDS「極限脱出 9時間9人9の扉」

NDS「極限脱出 9時間9人9の扉」

NDS「極限脱出 9時間9人9の扉」のプレイ感想・攻略です。

【ストーリー】
主人公は大学に通う青年、名前は淳平。平凡な毎日を過ごしていた彼だった
が、本人すら予期しない大いなる陰謀に巻き込まれることになった。
ある日目を覚ますと、そこは見知らぬ部屋……。
どうやら古ぼけた客船の一室のようだった。
そんな中、まず真っ先に目にとまったのは、扉に書き殴られた文字だった。
そこには真っ赤な塗料でこう記されていたのだ。
――【5】――
閉じ込められた密室の中、ひとり茫然とたたずむ淳平……。
目覚める前の最後の記憶をたどると、そこにガスマスクを付けた謎の男の姿が浮かび上がった。
その人物はこう言った。
わが名は【ゼロ】……。
これからおまえにはゲームをしてもらう。
【ノナリーゲーム】――。
生死をかけた運命の……ゲームだ。


全体のボリュームは少ない感じがしましたが、ストーリーは割と面白かったです。
エンディングが6つありますが、6つを見るために、同じ推理を何度もするのはちょっと苦痛でした。
ただ、読んだ会話や文章は右ボタンで早送りできるのがは救いでしたが。
推理に関しては、それほど難しくはなかったです。
困ったのは、貨物室のピンと押し出しくん、ローマ数字(進数)の謎くらいでしょうか。
細かい感想はエンディングの下に記載します。


6種類のエンディング
※エンディングには、順番に見ないと見られなくなるものもあるので注意。
 (順番としては、5・3・6を先に見て、2・4・1の順に見るのがいいのかも?)

★選択肢
・ナンバリングドア「4」「5」
・ナンバリングドア「3」「7」「8」
・ナンバリングドア「1」「2」「6」
・2等船室でサンタに「クローバーの栞」をもらい、手術室で四葉に「クローバーの栞」を渡す。
・厨房で紫に「Ice9(氷)の話」を最後まで聞き、手術室でセブンに「アリス」の話を聞く。


1周目【エンディング5…ナイフで背中を刺し殺される・完全にバッドエンド】
 攻略サイトを見ずにプレイした結果です。
 ナンバリングドア選択で「5」「8」「6」や「4」「7」「1」にしない、
 3度目の扉選択で「1」にしない、というルート選択をしたためでした。
 (私の扉選択は「4」「8」「6」でした)
 「9」の扉を見つけて、よし、あと少しか?! というところで、
 行方不明になった四葉を探すことになり、八代の死体発見後、
 自分も背中を刺され、死亡…。あー、ガッカリだ。(笑)
 それにしても、犯人は誰だったんだろう。
 ニルスと四葉の兄妹の関係やサンタの妹の話、セブンの記憶、
 淳平と茜のこと、ゼロの正体など、疑問だらけですっきりしないなぁ。
 ちなみに、ストーリー中に死んだのは、一番目に「9」の鳥の巣男、
 次にニルス、そして、最後に八代と自分、でした。

2周目【エンディング4…金庫の中のメモから半分だけ真実が判明する】
 ※「棺」エンディングを見る場合は、先にそちらをクリアすること。
 今度は、エンディングを意識して選択してみました。
 ナンバリングドア選択は、「5」「8」「6」。
 八代の元の仕事がセキュリティの仕事だったことが判明しました。
 だから、パソコン操作が得意だったのね。
 1周目では嫌な役どころだったけど、今回はそうでもないなぁ。
 ニルスを探す時に、持ちかけ話を聞かなかったからかな。
 サンタの妹の死、一宮の仕事が製薬会社であることや人間の顔を
 識別できない相貌失認症かもしれないことも判明。
 そして一番重要なのは、ニルスの情報。
 視力と左腕を交通事故でなくしたということを知った後、
 四葉探しの時にニルスの死体を確認したら…。
 そして、ここまで死亡者は、鳥の巣男と四葉。
 ニルスは死んでいない説と身代わりで死んだかもしれないS男が浮上。
 1周目があっさり死亡だったので、今回の結末は面白かったです。
 まさか、あのダンディな一宮がねぇ…。(ゼロではないですよ。笑)
 そして、ラストで死亡者が増えました。一宮とニルスです。
 何か、泣けてきた…。ニルスはいい奴だったなぁ。疑って悪かった。(笑)
 しかし、今回のエンディングもゼロが誰だったのかは不明でした。
 予想としては、途中まではニルスだと思っていたのですが、
 彼はゼロの共犯者っぽい気がしないでもないのですが。
 最後に姿をくらました茜もどことなく怪しいですな。

※ここで気付いたのですが、金庫エンディングの前に棺エンディングを見るんだった!
 これで、棺エンディングが見られなくなってしまったようです…。
 (まあ、茜エンディングの未完成版のようなので、特に見なくてもいいようですが)

3周目【エンディング3…斧で切り殺される・バッドエンド】
 今回は、ナンバリングドアの3つ目で「1」を選択します。
 (1・2つ目は「5」「7」を選んでみました)
 さらに、「クローバーの栞」(2等船室でサンタに貰い、手術室で四葉に渡す)と
 「アリスの話」(厨房で紫から「氷の話」を聞き、手術室でセブンから話を聞く)を
 クリアしないことが条件となります。
 途中で、四葉が命の危険を感じるようなセリフを…。
 今回の死亡者は、鳥の巣男、司令室にいた船長服の男、
 サンタ、セブン、紫。おおっ、大量だ。
 それを聞いた直後、淳平も殺されました…。
 犯人はおにいちゃんの敵討ちと言いながら、狂気に溺れていった者。

4週目【エンディング6…潜水艦を目前に全滅】
 今回は、2度目のナンバリングドア選択で「3」を選ぶか、
 3度目で「2」を選ぶことが条件です。「4」「3」「2」を選んでみました。
 (2番目に「3」を選ぶと、自動的に3番目は「2」になります)
 2つ目の扉選択は「3」を2回選んだところ、淳平が小悪になった…。
 紫と一緒に行動したいがために、ここまでするのか。(笑)
 当然、ぐるりと回ってきて、八代や四葉と再会、だよなぁ。
 先へ進むと、セブンの記憶が戻ってきましたよ。
 少年少女連続不明事件を捜査していた刑事らしい。
 正義感はあるけど、刑事らしくはないなぁ。
 どっちかっていうと、ヤクザっぽいかも。(笑)
 そして、八代の子供とセブンの関係も判明。
 今回の死亡者は、鳥の巣男、ニルス、一宮、サンタ、四葉。
 3周目と同数の大量殺人だ。
 淳平、セブン、八代の3人は「2」の扉の先で謎解きをしていたので、
 残るは…、と思ったら、さらにその先で瀕死の紫を発見。
 死亡を確認後に、セブンと八代も死亡…。
 って、淳平を残して全滅か?
 いいえ、淳平も誰かに襲われ、死亡。まさに全滅コースでした。(苦笑)
 犯人は誰なんだ!!!

5週目【エンディング1…茜・グッドエンディング】
 「棺」エンドが見られなかったので、これがラストエンディングです。
 「金庫」エンドをクリアし、ナンバリングドア「4」「7」「1」を選択、
 「クローバーの栞」と「ice9とアリス」をクリアすることが条件です。
 いよいよ、真のストーリーが見えるのか。ゼロは誰なのか。
 条件が多いので、慎重に進めていきます。
 「4」の先の2等船室でサンタに「クローバーの栞」を入手。
 さらに先の厨房の冷凍庫の中で、紫から「Ice9(氷)の話」を聞きました。
 (「確かに不思議だ。」「素直に感心した」を選択。
 錆びた包丁の時の選択肢が関係あるか分かりませんが、「知らない」にしました)
 「7」を通って、手術室の薬品庫で謎を解いて出る時に、
 セブンから「アリス」の話を聞き、鍵で部屋を出る時、
 四葉に「クローバーの栞」を渡しました。
 (選択肢「Ice9のこと知ってるのか?」「四葉のクローバーを手渡す」
 ここからは必要な選択肢か分かりませんが、「ツギアテをする」にしました)
 そして最後の「1」を通り、船長室で四葉の複数犯の推理が。
 途中で、一宮に邪魔されますが、後で続きが聞けます。
 ここまでで一番真相を知っていたのは、四葉でした。
 「9」の扉の前では、サンタが悪に豹変しました!
 これまで、一度も悪いイメージはなかったのに…。
 しかも、サンタと紫のバングルのトリックやニルス復活、
 9年前の出来事など、どんどんいろいろな真相が出てきます。
 ラストに近くなった時、記憶喪失だったセブンが真相を語り始めました。
 兄弟1組という単位で連れてこられた子供たち。
 1組だけ身寄りがなく、新聞に載らなかった兄弟。いえ、兄妹。
 そして、「茜」。
 茜が焼死した直後の兄という少年を見た時、サンタの話を思い出しました。
 妹は死んだ、ってやつです。繋がってきましたねぇ。
 今回の死亡者は、ノナリープロジェクトの悪3人でした。
 残念ながら、残りの1人である一宮は捕獲された状態で終わりました。

※茜エンドを見てセーブしたら、棺エンドも一緒に表示されました。

クリア後
・エンディングを引き継いで、プレイすることができる。
・一度読んだ文章は右ボタンで早送りできる。

これで真相が判明しましたが、なかなかのストーリーでしたね。
9年前と9年後の送信者と受信者がリンクしたなんて、想像してませんでした。
しかも、9年前に死んだはずの茜を助けたことで、今、生きていることになるんですよね。
その間の歴史も変わったということでしょうか。
それに、まだ茜を助けていないのに、紫という姿で現れたのはどういうことなのか。
茜が死んでいないという理屈が正しいのなら、サンタとセブンの記憶に
違った情報が植えつけられていたということになると思うのですが。
(その場にニルスもいますが、彼は目が見えないので除外となりますね)
それとも、最初から茜は死んだことになっておらず、9年前に助かった理由を知っていたから、
9年後に淳平を巻き込んで茜を助けさせた、ということなのでしょうか。

一つ分からなかったのは、茜エンドのラストの裸同然のヒッチハイカーの女性。
一見、八代にしか見えないのですが、実は彼女こそ「ICE9の溶けたアリス」らしいです。
9年前に、すでに溶けて動けるようになっていたようなのですが、
彼女はそれまで何やってたんでしょうね。(笑)
こちらに情報があります)

ちなみに、最初のスタート選択画面にある予告編にはちゃんと意味がありました。
それぞれの予告編に出てくるナンバリングドアの数字に注目。
予告編A…471
予告編B…586
わかりましたか? エンディングのヒントだったんです。
(プレイし終わってから知ったので、私には不要でしたが。笑)

●「極限脱出 9時間9人9の扉」攻略サイト
GAYM
9時間9人9の扉 まとめwiki
PUKKA RUMBA

水曜どうでしょうな夜」トップページへ
ゲーム商品関連リンク

総合(楽天市場) / 新作ソフト(Amazon) / ベストセラーランキング(Amazon)